ラリーアッサラームの「海賊日誌」

ラリーアッサラーム海賊団の ラリーアッサラームです。

勝手にラリペディア:ラリーアッサラーム

2001年、下村誠プロデュース1stアルバム「ブルーヴァージンズ/ラリー」でNatty Recordより全国デビュー。90年代、仙台の路上で演奏中に「声がラリっている」と通りがかりのお坊さんに言われ、ラリーとのあだ名になった。また、その後なぜかライブにイランの方々が多く来るようになり、MC挨拶で「アッサラーム・アライクム!(あなたの心に平穏を!)」と挨拶するも、まったく通じずに連呼してるうち、ラリーアッサラームと呼ばれるようになる。仙台を拠点にライブ活動を行いながら、さまざまなミュージシャンと交流、ハワイの人間国宝ジョージナオペ氏の新作CD「Aloha Sendai, Uncle come home」では初プロデュースを務める。2011年、セカンドアルバム「ブラックヴァージンズ」を発表直後の2012年、木暮”shake”武彦氏(レッドウォーリアーズ)のオープニングアクトでライブを行った際に意気投合、同年の仙台で行われたジャズフェスティバル野外音楽堂にて共演。その後、毎年、仙台で同氏のライブ企画を行っている。2017年、ソロアルバム「ブルーヴァージンズ・レヴォリューションズ」を発表。下村誠氏の他界後に偶然みつけた音源をもとに2001年のデビューアルバムを再録音、再アレンジし発表。その音楽を共に奏でるメンバーが自然に集い「ラリーアッサラーム海賊団」を結成。現在、ソロとバンドで活動中。 好きな言葉は”いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。”[第Iテサロニケ5:16]



             < 略 歴 >

1992年にStarlight Avenue Band結成。

1993年にBAD★TRIP結成。

1997年にラリーアッサラームとしてソロ活動を開始。

2001年にはラリー1st album 「BLUE VIRGINS」をリリース。

2004年にはGeoge Naope氏のalbum 「ALOHA SENDAI, Uncle Come Home」
をプロデュース。特設サイト⇒ http://www.hula-lei.jp/cd_order.html

2011年にはラリーアッサラームとして
2nd album 「BLACK VIRGINS」をリリース。

2017年には1st album
再録音CD「Blue virgins revolutions」をリリース。

現在、ラリーアッサラーム海賊団で
杜の都・仙台を中心に音楽活動中。





ラリーアッサラーム HP
http://rallyspider.jimdo.com/

↓ ↓ ↓ ↓ 最新記事 ↓ ↓ ↓ ↓

第185夜「生きていたアッサラーム」

みなさんこんばんは。そしてだいぶ

ご無沙汰しておりました!!

そして、2019年6月18日午後10時22分の地震により被害に遇われた方々に、
心よりお見舞い申し上げます。被害がこれ以上ひろがりませんように。
宮城・仙台から祈ってます!

Bcuzmq-d7D5i4MvLqGIkKw

さて、ひさびさのブログ更新、ラリーアッサラームです。
つい先日、とある場所でバンドマンの友人とばったり会いまして、
「ラリーさん、令和になって・・

 たった1回しか

 ブログ更新してませんでしたね・・
 
 いつも楽しみにしていたので、

 ご無事かな??と心配してました」と真顔で言ってもらえたことに感激し、

筆じゃなくてパソコンの画面を
ひさびさに開いた・・というのが今日のブログを書く大きなきっかけです。

ありがとうKくん!!この場をお借りしてブログでの再会を祝って、
今日はKくんを始め「わ、ラリーのブログひさしぶり!」と思ってくれる人が
「やっぱラリーアッサラームって、何かもってるわぁ・・」と
読んでつぶやきたくなるような近況を今日はお話したいと思います。

まず、おれはすさまじきドジ男です。

20747082_1216712371773960_991399311_o

つい一昨日ですね、朝起きたら、なんか焦げてるような臭いがするんで
どっかのコンセントがショートしちゃったのかなぁと部屋中を捜して
回ったんですね。

するとどうも台所っぽい。しかも洋服から焦げたような臭いがする。
それでおそるおそる洋服をかけていたところの真下を見ましたら

洋服が重くなりガーンと下に下がったところに
石油ファンヒーターがあり、ヒーターに当たってヒーターが斜めになり
灯油がこぼれていた模様。
その灯油がなんと精米したばかりの米20kgの上にこぼれ、
米が灯油だらけになっていたのですね。

BlogPaint


まさか灯油を洗ってお米を使おう!というわけにはいかないので
そのまま廃棄せざるを得なくなったのですが、その後、
ドジ男伝説は続くのですね。

お米が灯油だらけになったのは玄米で生活したほうがいいということなのでは
と思って、その晩に玄米を買ってきて炊き、カレーを作ったのですが
カレーはスプーンで鍋から試食したのですが、
スプーンがテコの原理で熱々のカレーを俺の足の甲にべちゃっと落としたんですね。
飛び上がるほど熱くて、しばし悶絶したあと冷やして
これは家にいるのではなくて外で食べたほうがいいんじゃないの?
ということなのかと
鼻歌をうたいながら外にでたのですね。

すると見知らぬ番号から電話がかかってきたのです。
宅急便とか何かかかなあと思ったら

BlogPaint


レンタルDVDを期限ぎりぎりで返すのにレンタルビデオのポストに返却したのが
GEOに返すべきものをツタヤのポストに入れていたということで
延長料金がかかることは確定でツタヤにGEOに返すDVDの袋をとりにいかねばならず。

借りてたDVDが
「ピラミッドの謎」
というDVDで
難解でほとんど内容を理解できず
返却に至ったものに
延長料ということで、
ツタヤからGEOにDVDを返しに行く途中に思ったのですね。
このドジ伝説は
ここぐらいで終わるはずだ!

いや、終わってほしい!と。

すると最後にでっかい奴がやってきたのですね。
進撃のドジ巨人という感じのやつが!!!

BlogPaint

それは書こうかなぁ、書かないかなぁ、とても迷う内容のものでもありますが、
えーい、書いてしまおう!!!
ということで・・・・

こんなドジ伝説を心機一転終わらせよう!!と
気分を変えるためにパーマをかけに行ったのですね。

すると、ものすごい薄毛のご年配の美容室の方がやってきて
僕にパーマをかけている間、ずっとこう言うのですよ・・・

「若いころは俺も
 こういうパーマをかけてたんだよなぁ」

「いたわって暮らした方がいい」

「俺も悟った頃には遅かった」


なんか、つまり、この方が言いたかったことはなにか・・・

俺も、の、



とは何だい??

とてもモヤモヤするじゃないか!!とのところで
パーマは終了したのでした。

なんか、すっきりしなかった!!

BlogPaint


でも、7月はひさしぶりにライブやります。
ラリーアッサラーム海賊団で定禅寺の並木道で
ストリートでバンド演奏します。
入場無料です。
お時間のある方はぜひお立ち寄りください。

2019年7月6日(土)
ラリーアッサラーム海賊団の
出演は15:45~16:15

第159回 定禅寺チャリティーストリートライヴ

タイムテーブル
12:00~12:30 Modern Folk Revival(Folk)
12:45~13:15 Tae-chu(Pops)
13:30~14:00 ファンキーリトムラシーヌ(World)
14:15~14:45 サキソボンゴ(Sax)
15:00~15:30 ランブリン前田ロンサムバンド(Blues)
15:45~16:15 ラリーアッサラーム海賊団(Rock)
16:30~17:00 ガロート川村(Bossa Nova)


今日はひさびさのブログ投稿でした。
こうしてラリーアッサラームは
無事に棲息しておりますのでどうぞご安心を!!

今回は「生きていたアッサラーム」というタイトルですがいつか「生えていたアッサラーム」というタイトルで書く日も到来するかもしれない・・そうなる日が遠くなるよう、頭皮もしっかりケアしていきます!!


それではまた!!!

第184夜「令和最初のブログ」

こんにちは!ラリーアッサラームです。令和となり新しい元号になりましたが、新しい時代もよろしくお願い申し上げます。ブログ、今回は令和一発目のブログになります。元号のアルファベット表記が「R」になるので、言い換えればラリーアッサラーム元年!?いや、ほそぼそでもR道を、というと、なんかR指定みたいですが、ゆっくりじっくり令和を歩んでまいろうと思いますので、どうかよろしくです!(ということは、今回も長文ということです)

平成の最後は、こないだ共演した扇田裕太郎さんと冨田麗香さんのCDを聴きました。

そして、令和一発目のCDはこれもまた共演させていただいた黒澤大介さんの新作のCDを友人に頼んでライブハウスで購入いただいたので、黒澤さんのCDを聞きながら海辺をドライブ!しようとしていたのですが、なんか、黒澤さんの音楽性がすんげえシタールとかタブラーとか、インドチックなので「面白い音楽やってるなあ、黒澤さん!」と車をとめてCD盤面をみたら「インドマニア」と書いてあるんですね。

友人が、きっと「これ聴くといいよ!」と同封してくだったのですね。

令和一発目の音楽は、

インドマニア

ですよ、ラリーアッサラーム!!

さすがR元年!!インドで幕開け!!

さて、平成最後のライブはヤマザキヤマトさん、ノブイチさんとの昼呑み小屋「通」でのライブが平成31年4月26日(金)にあり、ライブにご来場いただきました皆さんとともに、素晴らしい時を過ごさせていただきました。

FullSizeRender

photo by YSさん

なんでもかんでも「平成最後!」とか「令和最初の!」とか世の中あふれてはいる昨今ですが、今回の平成最後のライブはいつにも増して本気ライブを勃発する夜となったのですが、とても楽しい夜となりました。

IMG_5733

ヤマトさんの民族楽器体験コーナー。

わいわい、楽しいひととき。

IMG_5742

久々に共演するノブイチさん。仙台にいい唄うたいが生き残っていた!と、会場のものかげで仲間たちとひそひそ語らいながら、ノブイチさんの唄を聴いていました。

優しくあたたかい気持ちになれるオリジナルの音楽で、いつまでも聴いていたい気持ちになりました。



ラリーアッサラーム海賊団登場。

IMG_5754

プリンモード。

アラモード。

本気モード。


FullSizeRender

平成最後のライブ

01ストライクユー
02ビューティフルナンシー
03夜想曲
04ラブオンザプラネット
05グレープフルーツ
06スターダストブルース
アンコール
07アフターモーニング

よき夜に感謝!!


IMG_5747

そして、ヤマザキヤマトさんも、仙台がこの日、平成最後のライブ。

平成の最初のころに知り合って、全国各地さまざまなところでライブをしてきたヤマザキヤマトさんと平成最後のライブ出演をご一緒できる幸せをかみしめながら、この夜も旅をともにした気分でヤマトさんの音楽を聴いていました。

IMG_5745

ヤマザキヤマトさん、優しい時間をありがとうございました。

ご来場のみなさん、共演者のみなさん、通のみなさん、楽しき夜を、心からありがとうございました!!

IMG_5440


そして、このライブのあと、遠藤みちろうさんが亡くなったことを知りました。

平成でも3本指に入る忘れられないライブが、遠藤みちろうさんの前座をさせていただいたライブでした。みちろうさんはとても礼儀正しい方で楽屋で初対面のときも、とても丁寧にご挨拶してくださいました。僕らが明るいポップなオリジナルをやり会場が沸いたあとに、みちろうさんがThe Doorsのthe endを流れる中あらわれて、おたけびで空気をまさにぶったぎるような感じでうたいだしたときは鳥肌が立ちました。

お客さんの1人が「ラリーたちの明るいライブのあと、みちろうさんのダークな世界のコントラストがすごくて、今日は3日くらいライブ会場にいたような気分になれて、本当に楽しかったよ」と言ってもらえたのがとても嬉しかったです。

その後、震災のその年に福島で遠藤みちろうさん呼びかけで行われた、熱中症になりそうなほどの夏の野外イベントに出演したとき、こんなぼくにまで声をかけてくださった感謝と、あまりに真夏の会場が熱くて、本番の最中にカツラを脱ぎ捨てアスファルトに落とすとビシャーっと汗がアスファルトに飛び散った、それほど熱をこめて歌いたくさせる方、遠藤みちろうさんを心のどこか、とても尊敬しているのだなと実感しながらライブに出演したことがありました。その後の街の中でのみちろうさんの野外のライブ中に、雷鳴が鳴り、雷鳴をバックにうたうみちろうさん。その雄姿たるや、鳥肌でした。野生の動物を森で柵なしで見かけたような凄さがみちろうさんにはありました。

IMG_5625

今年の桜は、いつにも増して咲いていた気がします。4月の末まで、仙台では花吹雪が舞っていました。

遠藤みちろうさん、どうか安らかに。生きている間にこうしてリスペクトを受けた者は星の数ほどいると思います。みちろうさんの生のライブをまた聴きたかった。しかし、心の中で何度もよみがえります。みちろうさんがあの日ライブに登場する前の通路で、みちろうさんやみちろうさんのバンドメンバーにハイタッチをして、会場に流れているThe Doorsのthe end、そのとき、ステージに立った遠藤みちろうさんがうたう前の一瞬の静寂。そして、空気をつかむ瞬間のような音。それは本物の音楽でした。ハイタッチの余韻をいつまでも忘れることはないと思います。


さて、令和一発目のブログはインドマニアから始まり、遠藤みちろうさんまでの旅となりました。

以前、明治大正昭和と話していたことが、昭和平成令和と語られることも多くなろうかと思います。昭和平成令和そして常に心の平和を祈りながら、音楽を奏でていきたいと思っています。

新時代もよろしくお願いします。

ラリーアッサラーム


第183夜「平成最後のライブ」

みなさんこんにちは!ラリーアッサラームです。
もうすぐ平成最後のライブです。
今日はこないだ行われた気仙沼でのライブの報告を中心に書きます。
いつもながら長文ですが、よろしくお願いしまーす!!

photo by mari odajima

57403911_417320482381383_8926216692892172288_n

まず、最初にラリーアッサラーム海賊団はみんなが仙台中心に在住しているのですが、「登米からやってきたラリーアッサラーム海賊団でーす」との司会からの紹介に、全員が

膝がっくん!


知る人たち全員爆笑。

なんか、持ってますね、海賊団は。

これは与えられたキラーパスだなあと思い
「登米からきたラリーアッサラーム海賊団です!」
とMCで
胸をはって挨拶をしてからライブを始めました。

58461922_417320515714713_1725484299211243520_n

兄貴のギターは今回とってもブルージー!

57390224_417322439047854_5146788237125091328_n

セガワのマイクは今回とっても感度よし!

57393192_417320532381378_2030289173201551360_n

ジガマンのベース、今回は三陸新聞のトップに載るか??!

57370581_417322385714526_8208573837218938880_n

八巻のドラムは、今までのライブで一番よかった!!

ライブはアンコールをいただいていいのか?という時間のところでまさかのアンコール。

海の見えるところに組まれたステージ。心地よい野外の会場で、本当に素晴らしい時を過ごさせていただきました。ライブ後に、メンバーは海藻のしゃぶしゃぶを喜んで食べていました。

ラリーアッサラーム海藻団

という言葉が思い浮かびましたが、海藻を無邪気に食べるメンバーの表情がおもしろくて、黙って見ていました。海賊団のメンバーは海藻が大好きのようです。


でも、

なんか


哀愁が



あるなあ・・・・・




海藻を食べる海賊団!!








58461342_417322459047852_2052474053674926080_n



気仙沼までの高速道路も整備が進んで、以前よりもぐっと近くなった気がします。いや、2度目のライブにして、心の距離もぐっと近くなったのではないか、とも思っています。

また、大島の橋が開通となり、生まれて初めての大島に上陸することができました。平成の最後に出来た橋。なんかとても心意気を感じる橋でした。また、その後おとずれた「茶色い小瓶」という気仙沼のカフェのオレンジコーヒーは絶品でした。マスターとの語らいのときも、旅情あふれる時をもつことができ、とても喜びの大きい旅となりました。




気仙沼のみなさん、優しい時間をありがとうございました。



そして、いよいよ今週末は盟友ヤマザキヤマトさんとのライブです。というか、明日ですね^_^!!前売のご予約は本日までとなります!!

今回のラリーアッサラームは

平成最後のライブということで


なんと

ラリーアッサラーム海藻団

のメンバーが

わかめ食った後の会場から何人か助っ人で駆けつけることとなりました!!

ミネラルたっぷりの音楽を奏でます!!

お楽しみに!!


1553322065


ヤマザキヤマト 唄う円盤叩きの旅2019 tour final stage 〜仙台〜

日程:2019年4月26日(金曜日)
OPEN:18:30 /START: 19:00

出演:ヤマザキヤマト、ノブイチ、ラリーアッサラーム
会場:昼呑み小屋「通」
仙台市青葉区春日町1-5 SKビル定禅寺2F TEL.022-796-6918

入場料(前売)3000円(当日)3500円(1ドリンク1フード付)
ライブの本番が始まる前に18:30~19:00に民族楽器ミニ体験コーナーも予定しております。 


ヤマザキヤマトさんとの今回のライブについての対談
https://rallyspider.jimdo.com/talk/




ご予約は以下のメールまで。

rallysan1972@gmeil.com

第182夜「アッサラームから君へ」

おはようございます。


はじめにお断りしますが、今回のブログはくさいかもしれません。

くさくて、すみません!

でも熱意のこもったイベントだったため、多少くさくなっても、許してください。最初にお断りします!

IMG_5502

4/11に行われた「北へ!キタ!3人旅!(仙台編)」においては、ご来場くださったみなさま、共演者のみなさま、昼呑み小屋「通」のみなさま、ともに企画してくださったチーム首飾りのみなさま、本当にありがとうございました。今日はライブのご報告を中心に、毎度のことながら長文となりますが、まったり書きたいと思います。

IMG_5480

4/11ライブの会場はこちら昼呑み小屋「通」でした。面白いキャッチフレーズですね、昼呑みランチ。ランチを噛まずに呑み込みながら食べるような連想をしてしまいますが、「通」のランチはとても評判がよくて、ランチのときから呑めるという感じです。贅沢な時間ですね、昼下がりから呑める身分というよりも昼下がりに集えるところは絶対必要で、日本は少子高齢化だからこそこれからランチにくつろげる場所が必要となってくるかもしれません。

ライブもいいですがランチもいいです。

ここは、ビートルズのように時代の先駆けを進んでいる場所かもしれません!

IMG_5460

*今回のライブの報告と感じたこと*

目の前に、自分の歌をめちゃくちゃ楽しみにしてくれている1人のお客さんがいるステージと、ぜんぜん楽しみにしていない1000人のお客さんがいるステージと、どっちを選びますか?と聞かれたら、どちらを選びますか?

ぼくは完全に1人のためのライブだなぁと今回のライブで強く実感しました。


現代は数のほうが成功の基準みたいになって、音楽も仕事もあらゆることも、数が成功の基準の世界って、さびしくないですか?と、思うのです。

IMG_5440

ライブの日。そう思ったのには、ライブ準備の合間に知らせを聞き、天国へ旅立った仲間がいて、見送りに。

わかっていても涙が自然に出るのでした。歌も自然に出てくるものなので、ぼくは涙とか笑顔とか歌は自然なものなのだから、歌を大切にしてくれる1人へのほうが、数だけが魅力とかの1000人が集まる場所よりもずっと心のこもったライブになると思うのです。

ぼくが1000人のうちの1人で、だれか知らない人が急に歌いだしても、心をわしっかみにされることはほとんどない。拍手するとしても、たんなる義務感かもしれない。

天国にいる仲間に贈るメッセージを聴いていた時、顔がはっきり浮かびました。

いつも見守ってくれていた顔が浮かびました。

うたう心はどんなに満員御礼であろうとも、そこにいる1人のために歌う気持ちで歌うのがライブなのだ、と今回はとても強く思い出しました。


IMG_5430

1000人の前でのライブが出来て大いに盛り上げることができても、歌を楽しみにしてくれている1人の人の喜びにはかなわない。

たとえば、桜も、さっき花開いていた花も、もうない。

川に、ゆらゆら散る花も、踊っているように見えるか、はかなく見えるかも人それぞれ。

今年は平成と令和の年。

四季織々ではあるが、雪と桜をともにみれた4/11に、なんと楽しいライブが仙台で出来たことか、と今回は思うのです。

めでたしめでたし。



IMG_5424

言わずもがなライブはひとりひとりが主役です。

お店のおもての当日の看板だけを見つけて飛び込んで来てくれた方もいたり、4月の平日なのに市外県外からきてくだそさった方もおりました。ハワイのお土産をこのライブに届けてくださる方がいて驚いたり、時計を見ながら会場について「マジ間に合ってよかった!」と、ほっとする方で会場がわいておりました。

IMG_5486

チーム首飾りと称し、チラシまきや当日のライブのお手伝いを昼も夜もしてくださった仲間がいて、微笑んでお客さんをお出迎えしていました。お一人お一人に、心から感謝です。

さて、ここからはライブレポです。

ライブ当日に初めて出会う人と思っていたら実は15年前になんと東京のライブ会場で出会っていた、黒澤大介さん。

IMG_5532
photo by mari odajima

彼の歌を聞くのは初めてでしたが、大地を感じるような歌声で、リハーサルから「今日はすごいシンガーが来たなぁ!」と「やべえなあ、いいイベントになりそうだぁ!」と実感しました。

北海道在住で、いま全国をライブで駆け巡っておられるそうです。

今回ライブで彼の歌に出会えたことに感謝しています。ライブ素晴らしかったです。新しいCDも出来たとのこと。本当におめでとうございます。これからも深く関わっていきたい貴重なオンリーワンのシンガーソングライターの一人です。

IMG_5487
photo by team kubikazari

ラリーアッサラームは今回ソロで出演しました。一曲、この日PAでかなりいい音をともにつくってくれた通のマスターのリョウさんとグレープフルーツを一緒にやったり、「時空をねじ曲げる旅」というテーマで新旧かなり織り交ぜてのライブをさせていただきました。カバーとオリジナルをまぜながら1930年発表の詩から2019年の最近の曲までの89年分の時空を思いっきり会場のみなさんとお散歩する感じで旅しました。

IMG_5534
photo by mari odajima

歌いながら、仙台でライブに来てくださる方もあいにくライブには来れなかったけれど気にかけてくださった方も、仙台のファミリーのような方々に、これからもよいライブや素晴らしい仲間たちの音楽をお伝えしていきたい、どうか、必要な方に届きますように!!と、歌っていたらあっという間にライブの時間が駆け抜けていきました。

楽しいときはあっという間です。

IMG_5530
photo by mari odajima

3番目の出演は、扇田裕太郎さん。僕はもともと天然なのですが、ライブのギリギリまで「おうぎだ」さんではなく「せんだ」さんだと思い込んでいました。

思い込みでは「せんだ」なので「せんだと仙台、名前が似ているなあ!」と思いこんでいました。「おうぎだ」と読むと知ったのはライブ直前のことでした。

物販で扇子が販売されているときも、せんだにかけて扇子かぁ!なかなかセンスがいいなあ!と完全に脳内では「せんださん」のインプットのまんまです。

それから本番も、何回もせんださんと紹介してしまい、仙台の方々も扇田裕太郎さんのライブを見ながら「せんだ、すげえ!」と口々に言っているのを聞き、僕は「いや、おうぎださんって言うんですよ」と自分に言い聞かせるかのようにあとでお名前を何度も訂正させていただきました。

扇田裕太郎さんは、音楽をこよなく愛する方で、このツアーの寸前に新しいアルバムをリリース、仙台ライブでは素晴らしい音楽を披露してくれました。

対談も楽しかったです。またいつかご一緒できる日を夢見たいと思います!

IMG_5533
photo by mari odajima

そして大トリは冨田麗香さん。今回はじめて彼女のうたを生で聴く機会となったのですが、うたを聴いている間、ソングバードという言葉が頭のなかに浮かんできました。

かつて、山に明け方に登り、雨の中で降りるときに「あいにくの雨だったなあ」と思っていたら、雨が上がったとたんに鳥たちが一斉に森の中で鳴き出したんですね。

そのとき、あいにく雨というよりも、雨が上がったから鳥が嬉しくてなのか、雨上がったよとお互いに知らせあうためか、一気に歌いだしたのですね。そんな、鳥たちの喜びの鳴き声を思い出して、彼女の歌を聴きながら「ソングバード」という言葉が浮かんできたりしていました。冨田麗香さんの声は、ぼくのなかでは森の中で聴いたソングバードのような、湧き出てくる声のように感じました。これからもいい歌、歌い続けていってほしいです。

IMG_5535
photo by tomoko sugawara

そして、最後に本日の出演者みんなでセッションをしました。これが完璧に譜面どおり!というのは冗談で、その日あったことを適当に歌う、というコーナーだったのですが、ここには書けないような面白いハプニングもありました。いや、少し書こうかな??


セッションでは、

マイク1本。

本番は顔近づけて歌いましたが、ライブ前に俺はなんと禁断の食べ物を食べてしまっておりました!!



あぁ、あぁ、



しまった!(汗)



ライブに来てくださった方しか、その面白さはわからないかもですが、その禁断の餌とは、、






IMG_5539










餃子。














m(._.)m



餃子の食後に

マイク1本を共有という

驚異のセッション!



3人の旅人とは、正真正銘の「臭い仲」になれたかと思います。


そしてファッションにも注目!!

ひとりは、ズボンに

Tシャツを

完全にインで

歌っていました!


それも、歌になりました!




FullSizeRender


ギターで隠れておりますが、この中のひとりはTシャツをズボンにイン!です。



セッションは類まれなる


異常な盛り上がりと、


類まれなる異臭な世界で終了。



伝説に残る

満員御礼の中での会場完全に大爆笑のセッションとなりました。



ホール(Tシャツ)インワン!



4/11ライブの報告はここまで、となりますが、ライブ後に、みなさんからサインを求められたのではなく、僕からギターにサインを求め、ラリーギターに自分のサインを残したい!という方のサインに埋め尽くされていきました。嬉しいです。これからも大切にしていきまーす!

IMG_5537
photo by chikako kamada

今月のライブは4/20にラリーアッサラーム海賊団で気仙沼への遠征ライブ。そして、打楽器の叩き語りをする盟友ヤマザキヤマトさんと4/26に、昼呑み小屋「通」でのライブをします。この日はフードとドリンクがついています!こちらはご予約が増えてきており、もしかしたらお店のスペースの関係でソールドアウトになってしまうかもしれないので、ライブにタイミングが合いそうな際はメールでのご予約よろしくお願いします!!

IMG_5305
photo by mari odajima

KSF春フェスティバル!

日程:2019年4月20日(土曜日)START:午前10::30
(ラリーアッサラーム海賊団の出演は午前11:50からです)

 

出演:ラリーアッサラーム海賊団、モア恵利子、いとしのエリー他
会場:清涼院 

 

気仙沼市本吉町大森17

 入場無料


IMG_5538



ヤマザキヤマト 唄う円盤叩きの旅2019 tour final stage 〜仙台〜


日程:2019年4月26日(金曜日)OPEN:18:30 /START: 19:00

出演:ヤマザキヤマト、ノブイチ、ラリーアッサラーム

会場:昼呑み小屋「通」

仙台市青葉区春日町1-5 SKビル定禅寺2F TEL.022-796-6918
入場料(前売)3000円(当日)3500円(1ドリンク1フード付)
==================

18:30~19:00に民族楽器ミニ体験コーナーを予定しております。


4/26前売りご予約はお手数ですが、
rallysan1972@gmail.com
までメールよろしくお願いします!

第181夜「令和の時代」

おはようございます。4月1日、令和が発表となりましたね。

令和だってー、令和かぁー、令和ねぇーという声が響く中、
おいらはひそかに思っていました。

頭文字はL?R?

LとRで迷うというのも音楽的だ。

ステレオにつなげるケーブルの右か左か、みたいな。

その結果が出た。


Rになる!!

ということは、
ラリーアッサラーム1年、
ラリーアッサラーム2年、
ラリーアッサラーム3年、

と俺だけは自分のイニシャルの頭文字だと思い込むことにしよう!!!
そうすりゃあ元気のないときも、元気になれるさぁ!!と。

それで令和になって、一人で勝手にハレルヤ!!でした。


令和の時代に向けてしたいと思うこと。

RUZE8322

一、馬に乗れるようになる
写真は九州に行った時に近づく人に対して荒れ狂っていた馬が、
ふいにおいらに近寄ってきて
なついてくれた瞬間の写真。

令和に、この馬に乗りたいがため
すこしづつ乗馬の練習をしたいと思っています。

一、エレキドブロを決定的タイミングで弾く
令和には、今まで演奏したどの会場よりも、ものすげえところで
ライブが出来ることを夢見てがんばります。
エレキドブロの出番が
最近ありませんが、ここだ!というタイミングで
おもいきりエレキドブロを弾きたいと思います。

一、健康第一で過ごしていく
やりたいことをやるにも健康がなければやりたいことも出来ません。
重たい機材もアンコールをいただいたときも
健康があるからこそ出来る。
ゆえに令和はとくに健康に気を付けて過ごそうと思います。

IMG_4288

写真は天草四郎記念館より。

いま九州にいるというわけではありませんが、所信表明に
九州の写真をと思っておりました。旅をしてみたい場所がたくさんあります。

令和の次の時代の元号発表も、みなさんとともに
見て、予想したり新たな所信表明をしたいです。

元気に新時代も過ごしていきましょう!!!ラリーアッサラーム


【感謝☆平成ラストのライブ】



北へ!キタ!3人旅! tour 2019 〜巡り会い〜

日程:2019年4月11日(木曜日) OPEN:18:30 /START: 19:00

出演:冨田麗香、扇田裕太郎、kurosawadaisuke(黒澤大介)、ラリーアッサラーム

会場:昼呑み小屋「通」

仙台市青葉区春日町1-5 SKビル定禅寺2F TEL.022-796-6918
入場料(前売)2500円(当日)3000円(ドリンク代¥500-別)




KSF春フェスティバル!

日程:2019年4月20日(土曜日) START:午前10::30
(ラリーアッサラーム海賊団の出演は午前11:50からです)

出演:ラリーアッサラーム海賊団、モア恵利子、いとしのエリー他

会場:清涼院  気仙沼市本吉町大森17

入場無料


ヤマザキヤマト 唄う円盤叩きの旅2019 tour final stage 〜仙台〜

日程:2019年4月26日(金曜日) OPEN:18:30 /START: 19:00

出演:ヤマザキヤマト、ノブイチ、ラリーアッサラーム

会場:昼呑み小屋「通」

仙台市青葉区春日町1-5 SKビル定禅寺2F TEL.022-796-6918
入場料(前売)3000円(当日)3500円(1ドリンク1フード付)
==================

18:30~19:00に民族楽器ミニ体験コーナーを予定しております。


ご予約はお手数をおかけしますが
rallysan1972@gmail.com まで


QRコード
QRコード
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ