RALLY A GO GO BLOG !

仙台のシンガーソウルライター、ラリーアッサラームのブログです。

ラリーアッサラーム。仙台のシンガーソウルライター。

             < 略 歴 >

1992年にStarlight Avenue Band結成。

1993年にBAD★TRIP結成。

1997年にラリーアッサラームとしてソロ活動を開始。
このころ飼い始めた猫は現在も存命中。

2001年にはラリー1st album 「BLUE VIRGINS」をリリース。

2004年にはGeoge Naope氏のalbum 「ALOHA SENDAI, Uncle Come Home」
をプロデュース。特設サイト⇒ http://www.hula-lei.jp/cd_order.html

2011年にはラリーアッサラームとして
2nd album 「BLACK VIRGINS」をリリース。

2017年には1st album
再録音CD「Blue virgins revolutions」をリリース。

現在、ソロ、ラリーアッサラーム海賊団で
杜の都・仙台を中心に音楽活動中。

ラリーアッサラーム HP
http://rallyspider.jimdo.com/

↓ ↓ ↓ ↓ 最新記事 ↓ ↓ ↓ ↓

第150夜「闇とは何ぞや」

ライブの翌々日、僕は長野県長野市の善光寺にいた。

photo by mari odajima

22878974_1280633338715196_1097809993_o

ひさしぶりに共演したヤマザキヤマトさんと
最近、東北を中心にライブ活動中のラリーアッサラーム海賊団。

IMG_7049

善光寺では、お堂の中に真っ暗な渡り廊下を歩くところがある。
歩くのはおそるおそるであったが天国の錠前を見つけるとご利益があると
聞いたがヤマザキヤマトさんの「闇を走る」を思いながら2度目で
闇の中、錠前を見つけることができた。

22883908_1280633235381873_867244198_o

闇とは門構えに音と書く。

22883998_1280633328715197_1334813469_o

闇を走るとは、なにか目指す、通るべき門に
音をたよりにゆくということか?

22851343_1280633228715207_607701660_o

演奏を始める前、闇ではないが音はない。
無音に響く、ハングの音。
ヤマトさんはハング、海賊団の音はどこかパンク。
ご来場いただいた皆様の笑顔。
門を音をたよりに、その音は笑い声がおそらく一番いい。

photo by rally assalam
jpeg

早朝の善光寺。無音の空間。
ラリーアッサラームは渋い空間がたまらなく大好きだ。

IMG_5818

お坊さんが数珠をひとりひとりの頭に乗せてくれた。
僕もこの列に加わった。

IMG_0217

長野の山の山頂。台風のかなたにひろがる雲海。

image12

山を下りてから見上げる長野の雲海と下村誠さん。


IMG_0162

ずっと行きたかった、上田城と真田神社。

image123


命がけで

闇を走った

男の中の男、ここにあり。








第149夜「Seventy's Map」




ヤマザキヤマトさんと来週ライブをする。

ライブをするにあたり、ヤマトさんとの思い出話を
ほんのすこし。

ヤマトさんと出会ったのは2000年に入った
初めの頃。当然のことながら、当時はお互い若かった。

ツアーでいらしていたヤマトさんの楽屋にて
猫の話かなにかで楽しく語らい、次会うときは是非
ライブご一緒しましょう、なんてお話をしていた。

春風のように、さわやかでやわらかい人だなあという
印象を受けた。

ヤマトさんは全国規模で活動する人気の高いミュージシャンで
さきほど「ライブご一緒しましょう、なんてお話をしていた」
と書いたけれど、僕からすると背伸びに背伸びしての発言
だったかもしれない。その当時はまだ、
心の兄貴でもある下村誠さんから生きた
シンガーソングライター道を学ぶ前でもあったし、
当時の自分の写真、ヤマトさんの写真を見たりすると
あきらかに歴然とした差がある。

ヤマトさんは衣装、叩き語る勇姿、その見た目からも
音楽を聴きたい!と感じさせるが
僕はどっか電車男みたいな浪人生風の雰囲気である。

でも、そんな電車男の「いつかご一緒しましょう」の背伸びに
彼はこころよく答えてくれた。




現在、西暦2017年。
その間ほぼ毎年、ヤマザキヤマトさんとライブを
ご一緒する機会があったような気がする。

ヤマトさんの
17年の間の変遷をそのたびに味わうことができたし
自分も自分の中にある激流のようなうねりの中、
ヤマトさんに勇気や元気をたくさんいただいてきた。

通り過ぎれば通りゆくまま
もう会わなくなるツアーミュージシャンの方はたくさんいる。
そんな中ずっと
「お互いに音楽の表現はなんでもありでいいじゃないか」
というような、それでいて次に会うときはどんな音楽を
しているんだろう?と楽しみにさせてくれる
ミュージシャンはなかなかいない。




人は一度目にしたもの、耳にしたもの、口にしたものを
記憶して、なかなか頭から離れないという能力がある。

音は息を吸って、吐くときにでる息が音になるのか?
彼の音楽を生で聴くと、純粋にそう思えてしまう。
それは残念ながら、動画や音源からで体感することは難しい。

電車男であった自分も
最近は心から一緒に演奏していて楽しいと思える
音楽仲間たちに出逢い、時にはソロ、時にはユニット、
時にはバンドという感じで、
バンドとしてはいまメインと位置付けている
ラリーアッサラーム海賊団で今回はヤマトさんとのライブを
楽しみたいと思っている。

また、このライブはプチライブツアーを終えた
ラリーアッサラーム海賊団の集大成のライブになるのではないかと
考えている。

Bcuzmq-d7D5i4MvLqGIkKw

ラリーアッサラーム海賊団 
メンバー ギターボーカル:ラリーアッサラーム
ギター:前田”兄貴”直樹
キーボード:瀬川”クレイズ”将広
ベース:地紙”ジガマン”聡
ドラムス:八巻”オジキ”渉)
           


22281837_999187823546725_6340776341555231748_n

前売りのご予約は5日後の
10月25日(水)20:00まで

kaizokudan@yahoo.ne.jp


・代表者様のお名前、ご住所
・代表者様のお電話番号
・ライブ公演の日にち
・ご予約人数(ご予約者を含む合計人数)
・パソコンから連絡のとれるメールアドレス※
・今回のイベントを何で知りましたか?(お時間のない方は回答不要)


★ライブ情報★            

2017年10月26日(木)20:00開場 20:30開演 

ラリーアッサラーム海賊団「海賊パーティ」Vol.5

前売2000円(1DRINK込)当日2500円(1DRINK込)    

中学生・高校生  1000円(1DRINK込)小学生以下無料

                   

出演:ラリーアッサラーム海賊団

ゲスト:ヤマザキヤマト            


                   


BlogPaint

           

                            

会場 ルシール 
仙台市青葉区国分町3-4-20 清和ビルB1F 

【道案内】 仙台の定禅寺通りというところにカフェベローチェがあります。ベローチェから国分町通りを萬寿山とか青葉神社の方面へ歩きます。国分町通りの飲み屋街と反対方向にです。すこし歩くと左手に「お部屋探しはmini mini」という看板のお店があります。左折します。この左折が非常に重要です。そのまんま歩いていくと道の途中のビルの左手に突然「lucille(ルシール)」の看板があります。ルシールは地下1階です。

info

https://rallyspider.jimdo.com/



第148夜「グッドナイト・アイリーン」



Goodnight, Irene / Eric Clapton

遠刈田でのライブの前後あたりから、
この曲がずっと頭の中で回っている。

Irene goodnight, Irene goodnight
Goodnight Irene, Goodnight Irene
I'll see you in my dreams

アイリーン おやすみ
おやすみ アイリーン
夢の中で会おう

故下村誠さんもこの曲を大事に歌っていたなぁ。

『グッドナイト・アイリーン Goodnight, Irene』は、
アメリカのフォーク、ブルース歌手のLeadbellyが
1933年にレコーディングした
アメリカのフォーク・スタンダード曲なのだそうだが、
これほどの名曲を知るきっかけを作ってくれたのも
下村さんだった。

遠刈田の空に響き渡った下村さんと録音した
フリーバード。

photo by mari odajima

22281837_999187823546725_6340776341555231748_n


心地よすぎる瞬間だった。

そしてライブ以降は
永遠にループするかのように
『グッドナイト・アイリーン』が頭の中に流れる。

呼んでくれたフェザーさん、遠刈田のみなさん、
ご来場のみなさん、
心からありがとうございました。




Goodnight, Irene / leedbelly

★次回ライブ★
2017年10月26日(木)20:00開場 20:30開演 
ラリーアッサラーム海賊団「海賊パーティ」Vol.5
前売2000円(1DRINK込)当日2500円(1DRINK込) 
中学生・高校生 1000円(1DRINK込)小学生以下無料

出演:ラリーアッサラーム海賊団
ゲスト:ヤマザキヤマト

会場 ルシール 
仙台市青葉区国分町3-4-20 清和ビルB1F 
【道案内】 仙台の定禅寺通りというところにカフェベローチェがあります。ベローチェから国分町通りを萬寿山とか青葉神社の方面へ歩きます。国分町通りの飲み屋街と反対方向にです。すこし歩くと左手に「お部屋探しはmini mini」という看板のお店があります。左折します。この左折が非常に重要です。そのまんま歩いていくと道の途中のビルの左手に突然「lucille(ルシール)」の看板があります。ルシールは地下1階です。


ラリーアッサラーム海賊団 profile:
アッサラームとは「あなたに平穏を」という挨拶の意味。以前ラリーのライブに中近東からきた留学生が遊びにきて、挨拶を交わしあううちに命名。その後、地元のミュージシャンたちが集うようになり、現在の海賊団となる。
(メンバー ギターボーカル:ラリーアッサラーム、ギター:前田”兄貴”直樹、キーボード:瀬川”クレイズ”将広、ベース:地紙”ジガマン”聡、ドラムス:八巻”オジキ”渉)
https://rallyspider.jimdo.com/


ヤマザキヤマト profile:
アフリカやブラジル産まれの太鼓や20世紀最後の発明楽器と言われるHANGを駆使し躍動と癒しの音色を奏で歌う。
心に響く歌詞、そしてユニークなパフォーマンス。聴く人みな笑顔の時間に。

http://www.yamazakiyamato.com




【前売のご予約は下記のアドレスまで】 

kaizokudan@yahoo.ne.jp

・代表者様のお名前、ご住所

・代表者様のお電話番号

 ・ライブ公演の日にち

・ご予約人数(ご予約者を含む合計人数)

・パソコンから連絡のとれるメールアドレス※

今回のイベントを何で知りましたか?(お時間のない方は回答不要)



5ヤマトさん海賊パーティ-1

第147夜「鳴子温泉神社」

鳴子音楽祭、無事に終了しました。

今回の海賊団は鳴子、遠刈田と宮城県内ツアーをとの第1回目でしたので
気合十分!

photo by mari odajima

ギター、前田”兄貴”直樹
image899

ベース 地紙”ジガマン”聡

image900

パッドドラム 八巻”オジキ”渉

image888

キーボード 瀬川”クレイズ”将広

image100

俺はゆっくりライブ後に湯につかって、鳴子を満喫しました~


鳴子のライブの締めに温泉神社により

おみくじをひきました。

大吉

しかもいい言葉が書いてあった。

渦を巻く
谷の小川の丸木橋
渡る夕べの
ここちするかな


意味

はじめは危ない小川の橋を渡るような
心配事があるが驚き迷うことはない。
後には何も彼も平和に収まります
小さいことも用心してすればよろしい



ありがとう、鳴子!!!

naruko-ongakusai-sidebanner01


次回ライブ


遠刈田温泉 小さな音楽会

10月8日(日)14:30~15:00 遠刈田温泉

(出演者敬称略)

10:20~10:30 開会の挨拶
10:30~11:00 蔵王ブルージーンズ
11:10~11:40 佐藤美佐子
11:50~12:20   Feather
12:30~13:00 黄色いカラス
13:10~13:40 苫米地サトロ
13:50~14:20    奏っペ
14:30~15:00 ラリーアッサラーム海賊団
15:10~15:40 どら猫ジャズ2017
15:50~16:20    海藤節生&英明

入場無料。

第146夜「長い旅・外伝」

先日のライブにいらした方しかわからない話ですが


16年前に「ラリー&エイジ」で演劇をしたときの

サテンドールでの演劇・・

衝撃の画像が見つかりました。


image1


化石の森withスペシャルゲストで

共演しました

左手の白い服の人がドラムの井上エイジくん。

右手のひたすら謝っている赤い服の人が僕です。

この時、客席には

転換時に歌ってくれたゴスペルグループ数名がおりましたが

ゴスペルの方が歌うと僕たちしか客がいないという

サテンドールを貸し切っての演劇の時間でした。

しかも2時間ぐらいは演じていたと思います。

画像をよく見るとサテンドールのステージを布みたいなので

隠していますが、

確か浜辺で兄貴と弟が熱く人生を語らっているとイメージで

紫の布を使っています。

が、布だけで

浜辺

を思い出してほしいとは

イメージの難易度が高すぎるし、

たしか浜辺のイメージでラジオノイズを流していたと思います。

いま見ると、本当に、

なんだよそれ~というレベルでした。


16年後この同じサテンドールで

木暮”shake"武彦 with Big Mountain Blue


オープニングアクト化石の森withスペシャルゲストとして

ライブができるとは、

だれも想像できなかった。


当時いたゴスペルのグループの方々。

誰だったか、今や、記憶が、

まったくわからないです。


それにしても16年前のあの日からの現在・・

長い旅だった・・・・・!!


ここからも長いぞ、

どこかの市町村にある

ローカルな

武道館で

ライブが出来る

その日まで!!


                      ラリーアッサラーム


QRコード
QRコード
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ