ラリーアッサラームの「海賊日誌」

ラリーアッサラーム海賊団の ラリーアッサラームです。

ラリーアッサラーム

2001年、下村誠プロデュース1stアルバム「ブルーヴァージンズ/ラリー」でNatty Recordより全国デビュー。90年代、仙台の路上で演奏中に「声がラリっている」と通りがかりのお坊さんに言われ、ラリーとのあだ名になった。また、その後なぜかライブにイランの方々が多く来るようになり、MC挨拶で「アッサラーム・アライクム!(あなたの心に平穏を!)」と挨拶するも、まったく通じずに連呼してるうち、ラリーアッサラームと呼ばれるようになる。仙台を拠点にライブ活動を行いながら、さまざまなミュージシャンと交流、ハワイの人間国宝ジョージナオペ氏の新作CD「Aloha Sendai, Uncle come home」では初プロデュースを務める。2011年、セカンドアルバム「ブラックヴァージンズ」を発表直後の2012年、木暮”shake”武彦氏(レッドウォーリアーズ)のオープニングアクトでライブを行った際に意気投合、同年の仙台で行われたジャズフェスティバル野外音楽堂にて共演。その後、毎年、仙台で同氏のライブ企画を行っている。2017年、ソロアルバム「ブルーヴァージンズ・レヴォリューションズ」を発表。下村誠氏の他界後に偶然みつけた音源をもとに2001年のデビューアルバムを再録音、再アレンジし発表。その音楽を共に奏でるメンバーが自然に集い「ラリーアッサラーム海賊団」を結成。現在、ソロとバンドで活動中。 好きな言葉は”いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。”[第Iテサロニケ5:16]



             < 略 歴 >

1992年にStarlight Avenue Band結成。

1993年にBAD★TRIP結成。

1997年にラリーアッサラームとしてソロ活動を開始。

2001年にはラリー1st album 「BLUE VIRGINS」をリリース。

2004年にはGeoge Naope氏のalbum 「ALOHA SENDAI, Uncle Come Home」
をプロデュース。特設サイト⇒ http://www.hula-lei.jp/cd_order.html

2011年にはラリーアッサラームとして
2nd album 「BLACK VIRGINS」をリリース。

2017年には1st album
再録音CD「Blue virgins revolutions」をリリース。

現在、ラリーアッサラーム海賊団で
杜の都・仙台を中心に音楽活動中。





ラリーアッサラーム HP
http://rallyspider.jimdo.com/

↓ ↓ ↓ ↓ 最新記事 ↓ ↓ ↓ ↓

第182夜「アッサラームから君へ」

おはようございます。


はじめにお断りしますが、今回のブログはくさいかもしれません。

くさくて、すみません!

でも熱意のこもったイベントだったため、多少くさくなっても、許してください。最初にお断りします!

IMG_5502

4/11に行われた「北へ!キタ!3人旅!(仙台編)」においては、ご来場くださったみなさま、共演者のみなさま、昼呑み小屋「通」のみなさま、ともに企画してくださったチーム首飾りのみなさま、本当にありがとうございました。今日はライブのご報告を中心に、毎度のことながら長文となりますが、まったり書きたいと思います。

IMG_5480

4/11ライブの会場はこちら昼呑み小屋「通」でした。面白いキャッチフレーズですね、昼呑みランチ。ランチを噛まずに呑み込みながら食べるような連想をしてしまいますが、「通」のランチはとても評判がよくて、ランチのときから呑めるという感じです。贅沢な時間ですね、昼下がりから呑める身分というよりも昼下がりに集えるところは絶対必要で、日本は少子高齢化だからこそこれからランチにくつろげる場所が必要となってくるかもしれません。

ライブもいいですがランチもいいです。

ここは、ビートルズのように時代の先駆けを進んでいる場所かもしれません!

IMG_5460

*今回のライブの報告と感じたこと*

目の前に、自分の歌をめちゃくちゃ楽しみにしてくれている1人のお客さんがいるステージと、ぜんぜん楽しみにしていない1000人のお客さんがいるステージと、どっちを選びますか?と聞かれたら、どちらを選びますか?

ぼくは完全に1人のためのライブだなぁと今回のライブで強く実感しました。


現代は数のほうが成功の基準みたいになって、音楽も仕事もあらゆることも、数が成功の基準の世界って、さびしくないですか?と、思うのです。

IMG_5440

ライブの日。そう思ったのには、ライブ準備の合間に知らせを聞き、天国へ旅立った仲間がいて、見送りに。

わかっていても涙が自然に出るのでした。歌も自然に出てくるものなので、ぼくは涙とか笑顔とか歌は自然なものなのだから、歌を大切にしてくれる1人へのほうが、数だけが魅力とかの1000人が集まる場所よりもずっと心のこもったライブになると思うのです。

ぼくが1000人のうちの1人で、だれか知らない人が急に歌いだしても、心をわしっかみにされることはほとんどない。拍手するとしても、たんなる義務感かもしれない。

天国にいる仲間に贈るメッセージを聴いていた時、顔がはっきり浮かびました。

いつも見守ってくれていた顔が浮かびました。

うたう心はどんなに満員御礼であろうとも、そこにいる1人のために歌う気持ちで歌うのがライブなのだ、と今回はとても強く思い出しました。


IMG_5430

1000人の前でのライブが出来て大いに盛り上げることができても、歌を楽しみにしてくれている1人の人の喜びにはかなわない。

たとえば、桜も、さっき花開いていた花も、もうない。

川に、ゆらゆら散る花も、踊っているように見えるか、はかなく見えるかも人それぞれ。

今年は平成と令和の年。

四季織々ではあるが、雪と桜をともにみれた4/11に、なんと楽しいライブが仙台で出来たことか、と今回は思うのです。

めでたしめでたし。



IMG_5424

言わずもがなライブはひとりひとりが主役です。

お店のおもての当日の看板だけを見つけて飛び込んで来てくれた方もいたり、4月の平日なのに市外県外からきてくだそさった方もおりました。ハワイのお土産をこのライブに届けてくださる方がいて驚いたり、時計を見ながら会場について「マジ間に合ってよかった!」と、ほっとする方で会場がわいておりました。

IMG_5486

チーム首飾りと称し、チラシまきや当日のライブのお手伝いを昼も夜もしてくださった仲間がいて、微笑んでお客さんをお出迎えしていました。お一人お一人に、心から感謝です。

さて、ここからはライブレポです。

ライブ当日に初めて出会う人と思っていたら実は15年前になんと東京のライブ会場で出会っていた、黒澤大介さん。

IMG_5532
photo by mari odajima

彼の歌を聞くのは初めてでしたが、大地を感じるような歌声で、リハーサルから「今日はすごいシンガーが来たなぁ!」と「やべえなあ、いいイベントになりそうだぁ!」と実感しました。

北海道在住で、いま全国をライブで駆け巡っておられるそうです。

今回ライブで彼の歌に出会えたことに感謝しています。ライブ素晴らしかったです。新しいCDも出来たとのこと。本当におめでとうございます。これからも深く関わっていきたい貴重なオンリーワンのシンガーソングライターの一人です。

IMG_5487
photo by team kubikazari

ラリーアッサラームは今回ソロで出演しました。一曲、この日PAでかなりいい音をともにつくってくれた通のマスターのリョウさんとグレープフルーツを一緒にやったり、「時空をねじ曲げる旅」というテーマで新旧かなり織り交ぜてのライブをさせていただきました。カバーとオリジナルをまぜながら1930年発表の詩から2019年の最近の曲までの89年分の時空を思いっきり会場のみなさんとお散歩する感じで旅しました。

IMG_5534
photo by mari odajima

歌いながら、仙台でライブに来てくださる方もあいにくライブには来れなかったけれど気にかけてくださった方も、仙台のファミリーのような方々に、これからもよいライブや素晴らしい仲間たちの音楽をお伝えしていきたい、どうか、必要な方に届きますように!!と、歌っていたらあっという間にライブの時間が駆け抜けていきました。

楽しいときはあっという間です。

IMG_5530
photo by mari odajima

3番目の出演は、扇田裕太郎さん。僕はもともと天然なのですが、ライブのギリギリまで「おうぎだ」さんではなく「せんだ」さんだと思い込んでいました。

思い込みでは「せんだ」なので「せんだと仙台、名前が似ているなあ!」と思いこんでいました。「おうぎだ」と読むと知ったのはライブ直前のことでした。

物販で扇子が販売されているときも、せんだにかけて扇子かぁ!なかなかセンスがいいなあ!と完全に脳内では「せんださん」のインプットのまんまです。

それから本番も、何回もせんださんと紹介してしまい、仙台の方々も扇田裕太郎さんのライブを見ながら「せんだ、すげえ!」と口々に言っているのを聞き、僕は「いや、おうぎださんって言うんですよ」と自分に言い聞かせるかのようにあとでお名前を何度も訂正させていただきました。

扇田裕太郎さんは、音楽をこよなく愛する方で、このツアーの寸前に新しいアルバムをリリース、仙台ライブでは素晴らしい音楽を披露してくれました。

対談も楽しかったです。またいつかご一緒できる日を夢見たいと思います!

IMG_5533
photo by mari odajima

そして大トリは冨田麗香さん。今回はじめて彼女のうたを生で聴く機会となったのですが、うたを聴いている間、ソングバードという言葉が頭のなかに浮かんできました。

かつて、山に明け方に登り、雨の中で降りるときに「あいにくの雨だったなあ」と思っていたら、雨が上がったとたんに鳥たちが一斉に森の中で鳴き出したんですね。

そのとき、あいにく雨というよりも、雨が上がったから鳥が嬉しくてなのか、雨上がったよとお互いに知らせあうためか、一気に歌いだしたのですね。そんな、鳥たちの喜びの鳴き声を思い出して、彼女の歌を聴きながら「ソングバード」という言葉が浮かんできたりしていました。冨田麗香さんの声は、ぼくのなかでは森の中で聴いたソングバードのような、湧き出てくる声のように感じました。これからもいい歌、歌い続けていってほしいです。

IMG_5535
photo by tomoko sugawara

そして、最後に本日の出演者みんなでセッションをしました。これが完璧に譜面どおり!というのは冗談で、その日あったことを適当に歌う、というコーナーだったのですが、ここには書けないような面白いハプニングもありました。いや、少し書こうかな??


セッションでは、

マイク1本。

本番は顔近づけて歌いましたが、ライブ前に俺はなんと禁断の食べ物を食べてしまっておりました!!



あぁ、あぁ、



しまった!(汗)



ライブに来てくださった方しか、その面白さはわからないかもですが、その禁断の餌とは、、






IMG_5539










餃子。














m(._.)m



餃子の食後に

マイク1本を共有という

驚異のセッション!



3人の旅人とは、正真正銘の「臭い仲」になれたかと思います。


そしてファッションにも注目!!

ひとりは、ズボンに

Tシャツを

完全にインで

歌っていました!


それも、歌になりました!




FullSizeRender


ギターで隠れておりますが、この中のひとりはTシャツをズボンにイン!です。



セッションは類まれなる


異常な盛り上がりと、


類まれなる異臭な世界で終了。



伝説に残る

満員御礼の中での会場完全に大爆笑のセッションとなりました。



ホール(Tシャツ)インワン!



4/11ライブの報告はここまで、となりますが、ライブ後に、みなさんからサインを求められたのではなく、僕からギターにサインを求め、ラリーギターに自分のサインを残したい!という方のサインに埋め尽くされていきました。嬉しいです。これからも大切にしていきまーす!

IMG_5537
photo by chikako kamada

今月のライブは4/20にラリーアッサラーム海賊団で気仙沼への遠征ライブ。そして、打楽器の叩き語りをする盟友ヤマザキヤマトさんと4/26に、昼呑み小屋「通」でのライブをします。この日はフードとドリンクがついています!こちらはご予約が増えてきており、もしかしたらお店のスペースの関係でソールドアウトになってしまうかもしれないので、ライブにタイミングが合いそうな際はメールでのご予約よろしくお願いします!!

IMG_5305
photo by mari odajima

KSF春フェスティバル!

日程:2019年4月20日(土曜日)START:午前10::30
(ラリーアッサラーム海賊団の出演は午前11:50からです)

 

出演:ラリーアッサラーム海賊団、モア恵利子、いとしのエリー他
会場:清涼院 

 

気仙沼市本吉町大森17

 入場無料


IMG_5538



ヤマザキヤマト 唄う円盤叩きの旅2019 tour final stage 〜仙台〜


日程:2019年4月26日(金曜日)OPEN:18:30 /START: 19:00

出演:ヤマザキヤマト、ノブイチ、ラリーアッサラーム

会場:昼呑み小屋「通」

仙台市青葉区春日町1-5 SKビル定禅寺2F TEL.022-796-6918
入場料(前売)3000円(当日)3500円(1ドリンク1フード付)
==================

18:30~19:00に民族楽器ミニ体験コーナーを予定しております。


4/26前売りご予約はお手数ですが、
rallysan1972@gmail.com
までメールよろしくお願いします!

第181夜「令和の時代」

おはようございます。4月1日、令和が発表となりましたね。

令和だってー、令和かぁー、令和ねぇーという声が響く中、
おいらはひそかに思っていました。

頭文字はL?R?

LとRで迷うというのも音楽的だ。

ステレオにつなげるケーブルの右か左か、みたいな。

その結果が出た。


Rになる!!

ということは、
ラリーアッサラーム1年、
ラリーアッサラーム2年、
ラリーアッサラーム3年、

と俺だけは自分のイニシャルの頭文字だと思い込むことにしよう!!!
そうすりゃあ元気のないときも、元気になれるさぁ!!と。

それで令和になって、一人で勝手にハレルヤ!!でした。


令和の時代に向けてしたいと思うこと。

RUZE8322

一、馬に乗れるようになる
写真は九州に行った時に近づく人に対して荒れ狂っていた馬が、
ふいにおいらに近寄ってきて
なついてくれた瞬間の写真。

令和に、この馬に乗りたいがため
すこしづつ乗馬の練習をしたいと思っています。

一、エレキドブロを決定的タイミングで弾く
令和には、今まで演奏したどの会場よりも、ものすげえところで
ライブが出来ることを夢見てがんばります。
エレキドブロの出番が
最近ありませんが、ここだ!というタイミングで
おもいきりエレキドブロを弾きたいと思います。

一、健康第一で過ごしていく
やりたいことをやるにも健康がなければやりたいことも出来ません。
重たい機材もアンコールをいただいたときも
健康があるからこそ出来る。
ゆえに令和はとくに健康に気を付けて過ごそうと思います。

IMG_4288

写真は天草四郎記念館より。

いま九州にいるというわけではありませんが、所信表明に
九州の写真をと思っておりました。旅をしてみたい場所がたくさんあります。

令和の次の時代の元号発表も、みなさんとともに
見て、予想したり新たな所信表明をしたいです。

元気に新時代も過ごしていきましょう!!!ラリーアッサラーム


【感謝☆平成ラストのライブ】



北へ!キタ!3人旅! tour 2019 〜巡り会い〜

日程:2019年4月11日(木曜日) OPEN:18:30 /START: 19:00

出演:冨田麗香、扇田裕太郎、kurosawadaisuke(黒澤大介)、ラリーアッサラーム

会場:昼呑み小屋「通」

仙台市青葉区春日町1-5 SKビル定禅寺2F TEL.022-796-6918
入場料(前売)2500円(当日)3000円(ドリンク代¥500-別)




KSF春フェスティバル!

日程:2019年4月20日(土曜日) START:午前10::30
(ラリーアッサラーム海賊団の出演は午前11:50からです)

出演:ラリーアッサラーム海賊団、モア恵利子、いとしのエリー他

会場:清涼院  気仙沼市本吉町大森17

入場無料


ヤマザキヤマト 唄う円盤叩きの旅2019 tour final stage 〜仙台〜

日程:2019年4月26日(金曜日) OPEN:18:30 /START: 19:00

出演:ヤマザキヤマト、ノブイチ、ラリーアッサラーム

会場:昼呑み小屋「通」

仙台市青葉区春日町1-5 SKビル定禅寺2F TEL.022-796-6918
入場料(前売)3000円(当日)3500円(1ドリンク1フード付)
==================

18:30~19:00に民族楽器ミニ体験コーナーを予定しております。


ご予約はお手数をおかけしますが
rallysan1972@gmail.com まで


第180夜「平成という時代」


明日いよいよ新しい元号が発表される。それで世の中の何が変わるかわからないけれど、何か変わるのだろうか?平成にこめられた思いが形になったかどうかのこの30年はひとぞれぞれだと思いますが、振り返る節目にはなる。この30年の間に関わって下さったすべての方に心から感謝申し上げます。

新しい元号の予想は、誰も立てられないと思うけれど、僕の心の中に浮かぶ言葉は安心の「安」。平成は自然災害などもたくさんあった。その中でなにをみて、なにを考え、なにを選択して、今にいたるのかと思うと、安心の「安」がいまは必要なのではないか、そんなことを考えている平成31年3月31日。

今年度は約20本のライブが出来た。感謝だ。そして、いよいよ4月に行う3本のライブが平成になってからの490本目のライブになる。ひとつひとつのライブをかみしめて唄おうと思う。

新しい元号となったあと、僕には命題が残っている。新しいCDを作りたい。

ソロも海賊団も。

生きてぶつかって、産声をあげてきたメロディをいまはライブだけで開封しているが、いつか、気心の知れた、平成に出会った仲間たちと新元号になってから出会う仲間たちと、楽しく作品にしていきたい。

それが許されるのは、安心の「安」を共有できるときであるからであろうと思う。日本は、見失ってはならない。

思い出そう、震災からやっとライブが出来たとき。心の中ではものすごくでっかいことをするんだと息がっていたけれど、アコースティックギターの弦が奏でる音の音量はたかがしれていた。いくらエレキギターをギターアンプにつないで音をでかくできても騒音でしかないこともあるのだ。ともに楽しめる時であるには、何を選ぶかが大切だ。

勝敗ではないが、こと音楽においては、記録ではなく、記憶にのこるものは、そのとき技術的に巧くできた結果よりも「あの瞬間を迎えられて幸せだった」というような喜びのほうが優ってきた気がする。まさる、という字は勝つではなく、優るとも書くんだなぁ。。。

巧さよりも心をこめてこられたもののほうが、僕の心にはずっと残っている。

それは、ライブを通し、区切り区切りで感じれてこれた。30年の間に目の前で聴いてくださったひとりひとりに感謝して、これからもライブで歌っていきたいと思う。

今日もブログを読んでくださり、ありがとうございます。新元号になったあともよろしくお願いします。

ラリーアッサラーム


【平成31年4月のライブ】

以下、敬称略

8hk-d0pTNMN_P4--9n83ZA


488

北へ!キタ!3人旅! tour 2019 〜巡り会い〜

日程:2019年4月11日(木曜日) OPEN:18:30 /START: 19:00

出演:冨田麗香、扇田裕太郎、kurosawadaisuke(黒澤大介)、ラリーアッサラーム

会場:昼呑み小屋「通」

仙台市青葉区春日町1-5 SKビル定禅寺2F TEL.022-796-6918
入場料(前売)2500円(当日)3000円(ドリンク代¥500-別)



489

KSF春フェスティバル!

日程:2019年4月20日(土曜日) START:午前10::30
(ラリーアッサラーム海賊団の出演は午前11:50からです)

出演:ラリーアッサラーム海賊団、モア恵利子、いとしのエリー他

会場:清涼院  気仙沼市本吉町大森17

入場無料

490

ヤマザキヤマト 唄う円盤叩きの旅2019 tour final stage 〜仙台〜

日程:2019年4月26日(金曜日) OPEN:18:30 /START: 19:00

出演:ヤマザキヤマト、ノブイチ、ラリーアッサラーム

会場:昼呑み小屋「通」

仙台市青葉区春日町1-5 SKビル定禅寺2F TEL.022-796-6918
入場料(前売)3000円(当日)3500円(1ドリンク1フード付)
==================

18:30~19:00に民族楽器ミニ体験コーナーを予定しております。


ご予約はお手数をおかけしますが
rallysan1972@gmail.com まで
-
【ライブ2018-2019】

 

2018

469

222日(木曜日) OPEN:2000 /START: 21:00

出演:ラリーアッサラーム海賊団、ジョアンナ、梶田イフ

会場:ハイハット

470 海賊パーティ

223日(金曜日) OPEN:20:30 /START: 21:00

出演:ラリーアッサラーム、タカハシヨウヘイ

場所:ルシール

471 小さな宇宙の音楽祭

311日(日曜日) OPEN:18:15 /START: 19:00

出演:ラリーアッサラーム&兄貴、タカハシヨウヘイ、松本敏将

場所:仙台コーヒー

472 2018年5月3日(木)
ザ・ギブアップスpresents「スマイリーンリンリン vol.32

出演:ラリーアッサラーム海賊団、ギブアップス他!

会場;ジャンクボックス(仙台フォーラス地下2階)

473 木暮”shake”武彦 with Big Mountain Blue
LIVE ZOO~発売記念tour 

日程:201868日(金曜日)
出演:木暮"shake”武彦withBIG MOUNTAIN BLUE

オープニングアクト:ラリーアッサラーム海賊団、bitter eNd
場所:ライブハウスenn 3rd 

474 2018729日(日)
第142回 定禅寺通りチャリティストリートライブ

出演:ラリーアッサラーム海賊団 / フェザー / 苫米地サトロ 他

会場:定禅寺通り並木道 

475 2018729日(日)
ザ・ギブアップスpresents「スマイリーンリンリン vol.33
出演:ザ・ギブアップス / ラリーアッサラーム海賊団 / PAF PAF Renaissance / 世界 他

会場:SENDAI CLUB JUNK BOX

476  201884日(土)bitter eNd 5th Anniversary

出演:bitter eNd / BADTRIP

会場:SENDAI HOOK

477 201898日(土)
仙台ジャズフェス

出演:ラリーアッサラーム海賊団他

478 2018922日(土)
ガマロックオーディション

出演:ラリーアッサラーム海賊団他

479 2018923日(日)
気仙沼ストリートフェスティバル

出演:ラリーアッサラーム海賊団他

480 2018107日(日)
遠刈田「蔵王の小さな音楽会」

出演:フェザー、苫米地サトロ、

ラリーアッサラーム海賊団他

481 20181216日(日)

ラリーアッサラームワンマンリサイタル
会場:センダイコーヒー

出演:ラリーアッサラーム(ゲスト:クレイズ&ヤマキ) 

482 20181222日(土)会場:通
勝手にラリーアッサラームリサイタル

出演:ラリーアッサラーム

2019

483 201916日(日)会場:マカナ

出演:ラリーアッサラーム海賊団他

 484 2019112日(土)会場:吉祥寺バオバブ

出演:ラリーアッサラーム、松本敏将、ichika、布田四十郎

485 ラリーアッサラームの

「おさびし山からこんばんはコンサート」vol.01
2019
211日(勤労感謝の日で月曜の祝日)出演:ラリーアッサラーム
スペシャルゲスト:タカハシヨウヘイ  会場 昼呑み小屋 通

486 ザ・ギブアップスpresents「スマイリーンリンリン」Vol.37

201939日(土)open 17:30 start 18:00

出演:ラリーアッサラーム海賊団、三十路アックスボンバー、くるくる舞の海、

THE LIP(s)、ザ・ギブアップスand more

会場 SENDAI CLUB JUNK BOX

487 20193月11日

センダイコーヒー「小さな宇宙の音楽祭」

タカハシヨウヘイ、松本敏将、次松大介、ラリーアッサラーム

 




第179夜 新ギター列伝「FIREBIRD」

おはようございます。対談が続いたので、今日はひさしぶりにギター列伝を書きます。

ギター列伝というのは、このブログを始める前に書いていたブログで、弾いてきたギターをひたすら書き続けるというのをやっていたのですが、「なんのためのルーティンのなのだろうか?」というほどエピソードがありすぎて、「やっぱやーめた!!」となったタイトルがギター列伝であったこと、その当時も読んでくれていた方にこの場をお借りし、感謝と続けられなくてごめんなさいね!!というのをお伝えします。確か100ぐらいまで書いてやめた気がしますが・・・。

でも時々、書きたくなるのがギター列伝。

あまり続けてではなく、たまに書こうかなと思います。そして、ギターについて読みたい方が読みやすいように蓄積するのはブログではなく、新ギター列伝は下記のHPにデータを残していきたいと思います。

ラリーアッサラーム新ギター列伝
https://rallyspider.jimdo.com/guitar/

楽器の好きな方の何かの参考になるのであれば。

53297017_2787723337906353_6808919208919826432_n


さて、今日はいまメインで弾いているファイヤーバードについて書きたいと思います。


このギターを手に入れる前は、ファイヤーバードについての印象は「変な形のギターだなぁ」という印象でした。それとハードロック系の人が弾きそうな勝手なイメージを持っていて、それは普通のギターの形と違う変形しているギターの形なので、自分では絶対もたないギターだと思っていました。

それまではずっとFENDERのテレキャスターがメインだったので、ファイヤーバードとは一生無縁なのだろうなあと思っておりました。テレキャスターはクリーンな音、ファイヤーバードはそれこそ轟音でひずみまくりの音というイメージがあったからでした。


ギターが好きになるといろんなギターを弾きたくなります。
テレキャスター以外にダンエレクトロやエレキドブロなどをたまに弾いていたのですが、ダンエレクトロについているピックアップというギターの音を拾うマイクはとてもちゃちくて気に入っておりましたしエレキドブロは見た目がとても気に入っておりました。ダンエレクトロの音がペナペナしてるので耳が慣れていたのと、変な形のギターを持ってステージに立つというのがエレキドブロで鍛えられていたのか、楽器屋でファイヤーバードを試奏したときの衝撃は大きかったです。

なんじゃこりゃ!!!?

まず、世のファイヤーバード好きの方に「そうだよ、そうだよ、その気持ちわかるぜラリー!」と言われるかわからないし「いや、それファイヤーバードの正しい使い道じゃない!」と言われるかもだけれど、すんげえ

アルペジオが気持ちよかった!!!

見た目のわりに音がかぼそいというか、図体でっかいのに声がきれいみたいな、なんと言ったらいいかわからない、見た目がヤンキーなのに声が素直な感じでガクッとなるというか。

歪むか歪まないかというのも他のギターと同様にアンプで作るかエフェクターで作るかというのは同じなのですが、テレキャスより中音域にふくよかな音のぬくもりがあるなあと思い、ゲッツすることにしました。

それから弾けば弾くほど愛着がわくようになり今にいたるわけです。

昨日当時メインで使用していたFENDERのテレキャスを8年ぶりに弾きました。そのテレキャスも大変いい音でラリーアッサラームのセカンドアルバムの録音はほとんどFENDERのテレキャスを弾いていたのですが、「テレキャスもいいなあ!」と感激しながら演奏したのですが、ファイヤーバードに持ち替えたとたん、地鳴りが起きそうな衝撃が体に走りました。

乗り心地のいいアメリカンバイクにまたがったような良さです。
テレキャスはすごく良かったのですが、ずっと演奏できるハイブリッドカーのような感じが僕にはあって、ファイヤーバードは弾いたとたんケツからアメリカンバイクのエンジンのドドドドという音が響いてくるような凄さがありました。

やっぱエレキギターの中でのメインギターはいまファイヤーバードなんだなあと実感した次第です。

ご拝読ありがとうございました。楽器に関心のない方はなんのこっちゃ?だったかもですが、個人的なファイヤーバード感についてお届けしました。また思いつきで書きたくなったときはよろしくお願いします。




第178夜「ヤマザキヤマトさんとの対談」

本日は第2弾となります。ラリーアッサラームです。4/26(金)休日前夜のライブとなりますが、対談は古くからお使いのあるヤマザキヤマトさんとの出会い、題して「きみに読む物語」として、いろいろ語ってるので良かったら読んでみてください。
対談は以下のHPに掲載しましたが、一部の携帯電話で読めないとのこともあり、当ブログにて同内容の対談の記事を紹介させていただきます。
https://rallyspider.jimdo.com/talk/

ヤザマキヤマト✖ラリーアッサラーム スペシャル対談 2019


1551

(ラリー) ヤマトさん、こんにちは。 今日は「きみに読む物語」というタイトルでの対談です。

 

(ヤマト) おひさしぶり。お、タイトルがあるの?なんで?ま、いいか。でも、いやぁ、なんかでっかいタイトルですね。

 

(ラリー) 出会ってから17年ぐらいに。タイトルないと集中できず雑談になるかもですから(笑)。初めての対談となりますが、よろしくお願いします。

 

(ヤマト) OK、よろしくね、ラリー! 

 

(ラリー) ヤマトさんと出会ったのは、2002年頃の仙台ゆんたさんででした。初めてヤマトさんのライブみたとき、ジャンベの叩き語りをされてて。斬新なスタイルで非常に衝撃を受けました。ライブの途中で何かに憑依されているかのようなヤマトさんのステージにライブに参加した方々がどんどんひきこまれていく。バリ島のケチャみたいな感じでしょうか。感銘を受けて、楽屋かどこかでお話して。僕の家で飼ってる猫もヤマトなんですと語らったのを覚えてますね。その後、ヤマトさんとライブをともにやるようになったという経過の記憶が曖昧なのですが・・いつの間にか、ともに。

image141


(ヤマト) そう!ヤマザキヤマトsoloでツアー活動を始めたのが2001年なので、やっぱり2002年頃だね。 ブッキングしてくれたのが東北のミュージシャンの友人だったんだ。 その出会いの時が初めての仙台でのLiveで、ラリーも出たんじゃない?? その後、ロコモコ丼が美味しいアロハカフェとか、焼き鳥屋さんとか、エスニックなカフェとか、ライブハウスでも一緒に、たくさんのLiveをご一緒しましたね! 僕の家族もともにライブ行った時、動物園が忘れられないようで、本当に感謝してるよ。

 

(ラリー) なるほどなるほど、最初は共演でつながったんでしたか。だいぶ時が経ちましたね!それから一気にワープする感じになりますが、2019年いまの近況と今回のツアーについて、すこしお話をお聞きしたいのですが。

 

(ヤマト) うん。2019年になってから5枚目のアルバムを作り始めてるんだ。だんだん完成が見えてきて、きっと今度の仙台ライブには新しいアルバムも紹介できると思うよ! 

 

(ラリー) おぉ!それは嬉しいですね!

 

(ヤマト) 今回のアルバムは、昨年末のツアーで岩手県の遠野で初雪を見れて。その時の景色を曲にしたものも収録したので先ずは東北ツアーからと思いラリーに仙台のブッキングが閃いた。

 

(ラリー) 雪どうか気をつけてくださいねって次のライブは来月なので4月ですね!ヤマトさんは全国あちこちにライブツアーに走り回っていますが、いまは3月。確か東日本大震災のときはツアーを組んでいたけれど、ツアーどころではなかったんでしたよね?

Bcuzmq-d7D5i4MvLqGIkKw

 

(ヤマト) 震災の2日前に実家の母親が危篤になり緊急手術をするからすぐ戻って来てと家族から連絡があって西日本ツアーで大阪でライブ中だったんだけどその先のライブも10本ほどキャンセルをお願いして大阪から500km車を飛ばして埼玉医大に駆けつけたんだ。母親の手術中に大きな地震が起こったよ。当時新しく大きな病院だったので手術は続行、母親は助かったんだけど。待合室にはテレビがなかったので家に帰ってテレビを見て驚いたよ。 ラリーも関東にいて仙台に帰るのに大変だったんだよね。 母親のこともあったけど、僕のライブは旅先の皆さんのご協力があってのものだから震災前のようにライブツアーができるようになったのはここ数年かもしれないよ。

 

(ラリー) 大変でしたね、あの時は。今年で8年がたちますね。その後の仙台で共演したライブではライブ中に大雨洪水警報が鳴ったこともありました。あの時、地下でライブしてて、ライブ中に携帯の緊急サイレンがあちこちから客席で鳴りましたね。感慨深いです。僕はヤマトさんの曲で「闇を走る」という曲が大好きなのですが、あの時は避難のため闇を走らなくてはならないのかと思いました(笑)。あの曲はどんな時に生まれたんですか?


(ヤマト) 「闇を走る」は絵描きの友人の個展会場で演奏を頼まれ曲を作ってあげようと絵描きは絵で歌を歌い、僕は音楽で絵を描くよ。というイメージが浮かんだんだ。 「水の無い海に潜り動かない旅に立つ」という歌詞は瞑想のイメージだったり全体的に精神的な世界のイメージだね。

header

 

(ラリー) 深い詩ですね。そういえばヤマトさんは詩人でもあり、音楽もとても多くのことを記憶されているイメージが。記憶力、いいですか?

 

(ヤマト) いや、どうかなぁ?どうして??

 

(ラリー) 大昔、思いつきでライブで「ロケットサーブ」という曲を即興で演奏したとき、卓球のうたですけど、本当にしょうもない歌詞で。その後、ヤマトさんの前で数年後に「ロケットサーブは?」とリクエストがあり、これまた思いつきで僕も忘れてて適当に歌った時に、ヤマトさんから「アレンジが前とぜんぜん違うよ!」と言われたことあるんですよ。たった1回きりのアドリブに近い曲ではあったのですが、ヤマトさんは記憶力すごいなと思いました。

 

(ヤマト) いや、たまたまじゃないかなぁ。記憶力には自信がないな〜(笑) 因みに最新アルバムには「忘れてしまう〜」「思い出せずに〜」というサビの曲もあります(笑) じつは忘れることは悪いことではないと思っていて嫌なこととか忘れた方が良いことも生きてるとあるよね。 新曲を覚えるのに時間がかかるのでやっぱり記憶力ある人、うらやまし〜(笑)

 

(ラリー) そのような新曲が?!楽しみですね!ぼくも新曲、作ろうかな~「漢字に最近めっぽうよわい~」「この人の名前、なんて読むの~」「そこのお子さんに聞いてみよう!」「砌!」「漸!」「譽!」「響!」「暁!」とかですかね。

 

(ヤマト) それ普通に難しくて読めないってば。

 

(ラリー) 笑。でも、実の話、こないだ出演者の名前の漢字の読み方をライブ中ぜんぶ間違えて紹介してしまいました。ヤホー漫才のように。今回はライブでヤマトさんの名前を間違えて紹介することはないとは思いますが、ノブイチさんもカタカナなので助かります。僕もラリーだし、全員カタカナ。でも全員日本人。そういえばノブイチさんとは、どんな出会いだったんですか?

 

(ヤマト) 初めましての方かと思いきや〜じつは数年前に利府でのライブ会場に来てくれた方でした。打ち上げではジャンベの調律の仕方を私が伝授したらしいです。 やっぱり記憶力、自信ありません(笑)再会が楽しみです。

12439388_708968792573599_2444495954199892293_n

 

(ラリー) 僕も久しぶりの再会と共演でとっても楽しみです。さて、今日は「きみに読む物語」ということで、お互いにお互いのことで知らないこと、とくに聞いてみたいことをひとつづつ質問しあうってのをやりたいと思います。

 

(ヤマト) いいね、おもしろそうだね!

 

(ラリー) 僕から聞きますよ!ヤマトさんは確か、いまの民族楽器でのライブをする前にギターを弾いて弾き語りをしていた時代があるって聞いたことがあるんですが!?

 

(ヤマト) えー!!そっちー??


(ラリー) どんな時代だったのか、ギターを持って弾き語りするヤマトさん。想像できないのですが、バンドだったんですか?それとも一人で?衣装はどんなご衣裳で?

 

(ヤマト) 小学3年生のときデパートの楽器店に飾ってあるギターが美しく見えて買ってもらったのが始まりで 27歳でジャンベに出会うまでギター少年でした。 生まれて初めての演奏旅行もバンドのギターリストとしてで なんできっぱり打楽器に転向したかというとギターへの情熱が消えてしまったのです。 ちょうど情熱が消えた後、すぐにジャンベやハングと出会いがあり今に至ります。 ひょっとしたらまた打楽器への情熱が消え新たな何かが….(笑) でも歌はずっと歌い続けてるよ。 衣装は普段着でしたが深々とハンチングをかぶりあまりお客さんと目を合わさなかったな〜(笑)

 

(ラリー)いまとぜんぜん違いますね~。衝撃のギター少年時代があったんですね!!

4848

 

(ヤマト) あ、僕からもずっと聞けなかった質問を。ラリーも普段とステージと違う人だよね。 憑依するというか(笑) ラリーには変わるスイッチみたいなものが何かあるの?

 

(ラリー) そっちですかー?そうですね、なんかたぶん歌うと、ヤマトさんもそうかと思うんですが、すんごい自由になれるときと、自由になれないときがありますね。自由になれるときは、憑依しているかのように、もう他の世界まで飛んでいっているというか、役者でいえばその役に人格もなってしまった!!というようなスイッチなのでしょうか。演じてライブしてるわけじゃないけれど、人がいるってすごいですよね。僕の場合のスイッチはライブでラリーアッサラームになれた瞬間というか。それでもそのスイッチが入らないとき、だいぶ悲惨です。たとえば決算期に会計伝票の数字が合ってないのを残したまんま職場からライブ会場に来てしまい、ライブ後また職場にもどり会計の伝票のチェックしにもどらねばならないとか。そういうときは、逆さになってもラリーアッサラームになれなくて、悶絶したことがありますね。

 

(ヤマト) いやぁ、そこまで聞いてなかったんだけどなぁ。でも面白かったよ、今度は会計が合うように祈るよ、ラリー!!

53297017_2787723337906353_6808919208919826432_n

 (ラリー) そういえば今回いらっしゃるのは決算を終えての4月のツアーですね。今度の仙台の昼呑み小屋「通」でのライブは、前回が大変好評だったので、1ドリンク1フード付ではあるのですが、ぜひ他で食べたり飲んだりしないでお店にきて、音楽と共に飲食も楽しんでほしいですね!

 

(ヤマト) 年度替わりの疲れもふっとぶね!それを見越してライブ日程を組む、ぼくって記憶力の天才!笑!

 

(ラリー) 僕は無事に決算を越え、ヤマトさんは東北ツアーを越え、無事にファイナルの仙台のライブを迎えられますように!笑!

1551


ヤマザキヤマト 唄う円盤叩きの旅2019 tour final stage 〜仙台〜


日程:2019年4月26日(金曜日) OPEN:18:30 /START: 19:00

出演:ヤマザキヤマト、ノブイチ、ラリーアッサラーム

会場:昼呑み小屋「通」

仙台市青葉区春日町1-5 SKビル定禅寺2F TEL.022-796-6918
入場料(前売)3000円(当日)3500円(1ドリンク1フード付)
==================

18:30~19:00に民族楽器ミニ体験コーナーを予定しております。



QRコード
QRコード
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ