The 海賊団ラリー船長「海賊日誌」

The海賊団 ラリー船長のブログです。

ラリー船長(The海賊団guitar &vocal)

2001年、下村誠プロデュース1stアルバム「ブルーヴァージンズ/ラリー」でNatty Recordより全国デビュー。90年代、仙台の路上で演奏中に「声がラリっている」と通りがかりのお坊さんに言われ、ラリーとのあだ名になった。仙台を拠点にライブ活動を行いながら、さまざまなミュージシャンと交流、ハワイの人間国宝ジョージナオペ氏の新作CD「Aloha Sendai, Uncle come home」では初プロデュースを務める。2011年、セカンドアルバム「ブラックヴァージンズ」を発表直後の2012年、木暮”shake”武彦氏(レッドウォーリアーズ)のオープニングアクトでライブを行った際に意気投合、同年の仙台で行われたジャズフェスティバル野外音楽堂にて共演。その後、毎年、仙台で同氏のライブ企画を行っている。2017年、ソロアルバム「ブルーヴァージンズ・レヴォリューションズ」を発表。下村誠氏の他界後に偶然みつけた音源をもとに2001年のデビューアルバムを再録音、再アレンジし発表。その音楽を共に奏でるメンバーが自然に集い「The海賊団」を結成。現在、ソロとバンドで活動中。 好きな言葉は”いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。”[第Iテサロニケ5:16]

ラリー船長&The 海賊団 HP
http://rallyspider.jimdo.com/

↓ ↓ ↓ ↓ 最新記事 ↓ ↓ ↓ ↓

第202夜「いざ九州の空へ!」

今日は12年ぶりの福岡でのライブです。
はじめましての方もお久しぶりの方もよろしくお願いします!!

IMG_0931

朝、カートに荷物をゆわえるゴムが見当たらず使い古しのズボン用のベルトでギターを巻いて出発しました!なかなか、ワイルドな旅になりそうです!

IMG_0928


12年前、福岡でライブしたときの福岡の方々の印象は東北人もびっくりの「義理がたい」印象が僕には残っています。

歌い、語らい、再会を期待し、そして12年の月日が流れました。あのとき、トミアジのライブを現地でみましたその間、会えた方も会えなかった方もおりましたが、東日本大震災の対応の最中に何度も電話をくれた福岡の友もいました。やっと歌で御礼を言える日が来ます。


10月3日(木)福岡・高砂
『遊来友楽〜yurayura』
『旅人音楽会〜福岡yurayura編』
open 19:00  start 20:00
2,000円+ワンドリンクオーダー

出演:
ヤマザキヤマト(埼玉)
冨重TOMMY貴裕(福岡)
トロピカルブラザーズ(大阪)
ラリー船長(仙台)
遊来友楽〜yurayura/090-8352-2165
福岡市中央区高砂1-20-2
https://www.facebook.com/yurayura21/

IMG_0568

10月4日(金)福岡・大橋『ジョナサン』
『旅人音楽会〜福岡ジョナサン編』
open 19:00  start 20:00
2,000円+ワンドリンクオーダー
出演:
ヤマザキヤマト(埼玉)
柿木Kakkin一宏(福岡)
トロピカルブラザーズ(大阪)
ラリー船長(仙台)
ジョナサン/090-6425-5257
福岡県福岡市南区大橋1丁目21-11 サンシャインビル2F
https://www.facebook.com/jonathan.blues.carp/

IMG_0567

10月5日(土)熊本・熊本市『凛や』
start 19:30
料金:お気持ちおひねり制
出演:ヤマザキヤマト、ラリー船長
凛や/096-385-5504
熊本県熊本市中央区水前寺5-19-7
https://www.facebook.com/pages/凛や/119566344798196

IMG_0566


台風の影響を心配しておりましたが、無事に飛行機は飛べるようです。

peachに乗ったか、JALに乗ったか、馬で陸路を行くか、自転車で飛行機を引っ張って走るかは、想像にお任せします^_^!

IMG_0932

第201夜「声とギター」

IMG_0885

ジョアンジルベルトのCD「声とギター」。

これも、人に貸すと帰ってこなくなるCD。ゆえにこのCDを何枚買ったかわからない。おおたか静流さんと「東北」を共に歌わせてもらった日から「ボソボソと歌う声もいいね」と褒められたこともあり、
急に聴きたくなった。このCDのジョアンの声とギターの絶妙なバランスが素晴らしい。

聴きたくなったが、手元にない。誰に貸したかもすでに記憶の果てで、探してやっと届いた。


IMG_0874

このボサノバのCDを聴きながら
本吉モーランドで
記念すべき人生500本目のライブをするために山のふもとに向かった。

ボサノバが似合う景色だなあと思ったのだが・・


IMG_0873

謎のかかし軍団の大群が登場。

なぜ、水戸黄門ご一行がここにいるのか?

ここはボサノバの似合う景色だと思っていたのだが、妙に独創性のあるかかし軍団なのである。

夜きたら、たぶん泣いていたかもしれない。

車内はボサノバのCDが静かに流れている。
すこしハードボイルドな気分になる名曲セガジ・サウダージ。

眼前に、かかしである。
日本の珍百景にノミネートはまだなのだろうか?


IMG_0871

山の上に到着すると、ライブを楽しみにしてくれていた方たち。

B839CC68-DB0F-4603-98CC-8C050E06E91D


人生500本目のライブは兄貴とともに歌った。会場にいたお客様とともに、牛が聴きに来てくれた。

71106378_508095163303914_5944041803438096384_n

本吉のあとは気仙沼にてThe 海賊団のライブ。

IMG_20190922_154802

大いに盛り上がった。警備員さんがキレッキレのダンスで踊ってくれた。アイドルのコンサートで光る棒を振る人は見たことあるが誘導棒を振ってライブを楽しんでくれた方は初めてだ。

7AA3B833-FE21-4AEC-B99E-A916F6033F00

「ラリーさん、心臓の手術されて一皮むけたんではないか。人よろこばせようとする人って回復はやいような気がするよ」

そう言ってくれた人がいた。心の中によぎったのはミックジャガー。ミックジャガーの声といえば、ギターはキースだよなあ。この旅はボサノバで始まり、太鼓の素晴らしい演奏で終わった。

帰りは、かかしのいない道を通って帰った。


IMG_0877
本吉と気仙沼でご来場いただいた皆様、足を止めてくださった皆様、手拍子をくださった皆様、イベントを企画された皆様、当日のスタッフの皆様、美味しい果物をむいてくださった皆様、心からありがとうございました。

次は12年ぶりに歌いに行く福岡と初の熊本と1年ぶりの遠刈田温泉でライブをしてから、その次は仙台でのライブか、どこかに遠征するか、まだ決めていません。



































自由でいこう。




IMG_0568
10月3日(木)福岡・高砂『遊来友楽〜yurayura』
『旅人音楽会〜福岡yurayura編』
open 19:00  start 20:00
2,000円+ワンドリンクオーダー
出演:
ヤマザキヤマト(埼玉)
冨重TOMMY貴裕(福岡)
トロピカルブラザーズ(大阪)
ラリー船長(仙台)
遊来友楽〜yurayura/090-8352-2165
福岡市中央区高砂1-20-2
https://www.facebook.com/yurayura21/

IMG_0567
10月4日(金)福岡・大橋『ジョナサン』
『旅人音楽会〜福岡ジョナサン編』
open 19:00  start 20:00
2,000円+ワンドリンクオーダー
出演:
ヤマザキヤマト(埼玉)
柿木Kakkin一宏(福岡)
トロピカルブラザーズ(大阪)
ラリー船長(仙台)
ジョナサン/090-6425-5257
福岡県福岡市南区大橋1丁目21-11 サンシャインビル2F
https://www.facebook.com/jonathan.blues.carp/

IMG_0566
10月5日(土)熊本・熊本市『凛や』
start 19:30
料金:お気持ちおひねり制
出演:ヤマザキヤマト、ラリー船長
凛や/096-385-5504
熊本県熊本市中央区水前寺5-19-7
https://www.facebook.com/pages/凛や/119566344798196


ライブのできる場所で、与えられた「声とギター」に感謝していこうと思います。


ライブでお会いできるその日まで、今、ブログを読んでくださってる方にお伝えします。

ともにライブを楽しめるその日まで、お元気で!

第200夜「The 海賊団との旅」

今日は旅シリーズの第2弾「The 海賊団との旅」をお贈りする。
今週の台風15号で被害に遭われた方々、今も復旧に向けて尽力されている地域もある。
一日も早く、平穏な暮らしが取り戻せますように。
今日はその台風が近づきつつある今週末日曜日の、仙台で行われた
ジャズフェスティバル、ガレージロックでのライブのレポートを中心に。

関東でブログを読まれている方で停電後に読んでほっとできる内容であったなら嬉しい。
それでは、いってみたいと思う。

令和元年9月8日(日)船長の手記より

「武道館でのライブを目標にがんばろう」と、若いころの自分はバンド仲間に号令をかけていた。
幻を見ていたのかもしれない。いや、普通に考えたら幻だろう。
「ジャズフェス出るならいつか野外音楽堂に!」とも、自分に号令をかけていた。
それはこれまで共に仙台で毎年ライブをやってこれた木暮”shake”武彦さんとともに、野外音楽堂での演奏は化石の森の出演で叶っていた。しかし、今回、まさか自分たちのいまやっているバンド「The 海賊団」で野外音楽堂の出演とのNEWSをジャズフェス説明会で知ったとき、信じられない気持ちでメンバーと大喜びした。

ジャズフェスにはもう十数回でているので、思い返せば様々なステージがあった。知人に頼まれて、「一人で出るの不安だから一緒に演奏してよ~」と頼まれ「おれ何すればいいんですか?」と聞いたら「ラリーはパフォーマンスしてくれたらいいから!おれ勝手に弾き語りするからさ、なんか目立つ衣装を着てパフォーマンスして!」とのお話で・・・・その当時ろくな衣装もなく、「よし!」と思いつきで白いトイレットペーパーを買い全身に巻き付けてミイラ男の恰好で打楽器を叩いたときがあった。場所はビルのだいぶ影となっている家具の街の一角!

知人は弾き語りが絶好調で僕の存在に気が付かずに熱唱していた。僕はミイラ男なので、顔が見えず、いくら手を振っても打楽器を叩きまくっても結局知人に気づかれることはなく、演奏終了後に、「あれ、ラリーいたの???!」と驚かれた。

生きているのにミイラである。お客さんたちも紹介がないから、突然来たミイラに喜んでいいのか、触れてはいけないものがステージに上がって打楽器叩いていた感もあり、僕はどうしようかなと思った。楽しんで巻いているうちはよかったがテープをはがすのに皆さんにお手伝いをいただいて、ジャズフェス終了!ということもあった。


70280598_490448934865513_6060265735886733312_n

しかし、そこから10年以上たっての野外音楽堂でのステージである。ミイラ男の記憶を思い出している人はもちろん会場に誰一人いなかったと思うが、つくづく家族のような気持ちが湧いている仙台でオリジナルのロックを奏でるバンド「The 海賊団」で、思い切りステージをやろうとこの場所に立った。

前田直樹。

70926510_370636886963084_160790183854211072_n

ヤマキ番長。

70202929_527685247985217_6964540382453432320_n

地紙聡。

70362757_2245762332199509_4799844004474650624_n

瀬川将広。

70655220_371594563775858_5436761270487351296_n

バンドって成長するんだなぁって演奏しながら思った。
もちろんミイラから人になったとかの話ではない。

少々の演奏時のハプニングも、ともに演奏できた時間が長いだけ
背中で演奏を感じれる。

音だけで互いが、本番のステージでの楽しさやハプニングも楽しみ、
あっという間にステージは終わった!!
ミイラ男のときは永遠に感じるほど長かったなあ(笑)
と思った!!

69842811_485082355402999_1566820248722604032_n

ジャズフェスティバルにご来場いただいた皆さん、
スタッフの皆さん、そして共演者のみなさんありがとうございました!

69862963_673112913194256_7675359540115668992_n
photo by mari odajimaさん

また、その夜は仙台ガレージロックでのライブが!!
18:05分にジャズフェスが終わり急いで機材を運んで
19:30分からのスタートの演奏に向けて
移動です!!ミイラになってる暇はない!!
大丈夫か?!と心配しましたが、無事に間に合った!!思い切りThe海賊団、全力疾走で演奏しました!!熱いアンコールもありがとうございました!!

IMG_0781
photo by Futoru nagayama さん

そして、この日は初共演となる
Yacht Biancoさんのライブ。

IMG_0748
IMG_0746
僕はウェザーリポートが大好きなので
情景が浮かんでくる
ようなサウンドメイクを堪能できるライブで楽しみせていただきました。

そして、この日はサプライズがありました。かつてのレコーディングでのつながりから20年ぶりにボッカーズがゲスト出演としてトリのバンドと共に急遽セッションで演奏しました。マサルさんやアラくん、そして、The 海賊団の兄貴や地紙さんのルーツとなったバンドの音楽を聴けて、嬉しかったです。

IMG_0752
IMG_0755
IMG_0758
ガレージロックにご来場いただいた皆さん、スタッフの皆さん、Dさん、そして共演者のみなさんありがとうございました!

そして、次回のライブ、なんと生涯ライブ本数の中で記念すべき500本目のライブとなります。これまで様々なところでライブが出来たこと、感謝にたえません。

499本までのライブ記録は下記にあります。なんとガレージロックでのライブが、終わってから知りましたが499本目だったのです。
https://rallyspider.jimdo.com/live-kiroku/

記念すべき500本目のライブは、みなさん、どこだと思いますか?

IMG_0735

ヒント

このブログの最初に武道館と書きましたよね!!でも、ところが、なんと武道館よりも広いところでライブが決まったんですよ!!!

500本目のライブは!!!

本吉町にある

モーランド!

武道館よりも、遥かにでっかい場所です!

9月22日(日)の昼頃やります!!

入場無料!!!

そして501本目のライブは

2019年9月22日(日)
気仙沼ストリートライブフェスティバル
会場:さかなの駅ステージ

出演:The 海賊団

The 海賊団の出番は15:20〜16:00です!



どちらも入場無料!!
 

その後は10月13日に遠刈田温泉でライブをします!!


どこも武道館よりも会場が広いです!!!

素晴らしい着地点!目標よりも、でっかい場が与えられています!

人もですが牛や野良猫や野生の野鳥たちも俺たちの音楽を待ってるのだと思うと、わくわくします!!!

動物たちにもコーラスをやってもらおう!!


ラブオンザプラネット!!モー!モー!モー!

IMG_0183


今後も楽しき旅、お時間の許す方は武道館よりもどでかい場所でのライブでお会いしましょう。

 

「私は心から、主の聖なる御名をたたえます。私は主をほめたたえます。あなたがなしてくださった数々の素晴らしいことを私は決して忘れません」詩編103:1-2

 

これまでのこと、そしてこれからに感謝して。一日も早く、台風の影響が治まりますように。


ご拝読、ありがとうございました。

 

The海賊団 船長 ラリー 

第199夜「おおたか静流さんとの旅」

なんと言葉にしたらいいのだろう。
この週末のことは一生、忘れることはあるまい。
としか、今は思い浮かびません。

ジャズフェスティバルでのおおたか静流さん、The 海賊団、
ガレージロックでのThe 海賊団、市民活動センターでのおおたか静流さんの・・
コンサートにご来場いただいた皆様ひとりひとりに心から感謝をこめて。

ここには書ききれませんが、おおたか静流さんの世界が仙台に広がって、地球の家族のような気持ちになれる素晴らしいひと時(ジャズフェス青葉区役所南側ステージ)からこの週末は始まりました。

70773316_2576091709113603_5785534115528835072_n

photo by angelさん

なにから始めたらいいのでしょう。まずはジャズフェスティバル!!


この会場まで私たちおおたか静流さんとラリーとその仲間たちは機材を手でもって
仙台の街をみんなで「暑いなあ!」と汗かきながら歩いたのですが、
ずっとこの顔ぶれでそのまんま歩いていたかった。何が始まるのか楽しみで。


なんか静流さんとバンドメンバーとスタッフ数名で歩いていたのに、ものすごい数の行列で歩いている感覚があった。心が踊っていた。


始まりも楽しみだけれど、始まる前の楽しい気持ちは朝日が昇る前にとても似ている。


ジャズフェスでの演奏が始まって、おおたか静流さんのコンサートを仙台で心待ちにしていた!と毎日のように思っていたのですが、僕よりずっとずっと心待ちにしてここに駆けつけてくださった方がいる、その気持ちにたくさんふれて、感謝と感動に包まれていきました。

そして、夜の市民活動サポートセンターで機材の設営を終えて、みんなで美味しいカレー弁当を食べて、夜に備えました。ジャズフェスを見た方々が、会場に次々とご予約に来られました。


40C6DFC2-917C-450D-B8BF-16D3B092BEA9


この日の運営スタッフをしてくれた受付や物販を担当してくれたヤギーさんやアッキーさん、音響を担当してくださった三浦さん、照明を担当してくれたマッシュさん、そして告知にご協力してくださったお店やライブハウス、有志の皆さんとのチームワークにより、無事に本番を迎えることができました。


そして、いよいよ本番。大きな会場からの盛大な拍手とともに、おおたか静流さんの仙台でのコンサートの船出です!

70191644_479906869525018_6218254815084937216_n
71021017_541649083311211_3666697177838649344_n
70099326_495175844612009_7649388263718780928_n
photo by mari odajimaさん

対談:https://rallyspider.jimdo.com/sizzle-otaka/

コンサートをしながら思っていた。私たちの過去は、現在と未来に影響している。

たいてい寝てしまえば明日、朝日は昇るからなあと毎日思うのですが、それも同じ朝は一度もないのだなぁと改めて思います。

このコンサートで知ったのは、やり遂げないで寝てしまったあとの朝より、何か小さなことでもやり遂げてから見る朝日のほうがずっとずっと素晴らしいのだなぁというのが、翌朝にとても身にしました。

そして、一日はなんと儚いことか、昨日までの行動はとたんに明日には過去のものになっています。けれども、そう考えたら、今日は大切。

明日の朝日がどう輝いて見えるのか、どうか?が今で決まるのだから。なので、ステージは、一瞬一瞬が本気でぶつかったときの音の共鳴が奇跡を起こすものなのではないかと。

翌朝、ひとりでおおたか静流さんとバンドメンバーと昨日ともに歩いた道を1人で歩き、そこに朝日。夜に置いて行った車をとりに歩いていたら、道に風鈴の音が静かに流れていたのです。

「おめでとう、ついにやり遂げた、みなのおかげだね」

「会場にいた方々の笑顔は最高で本物だったね」

「生きているだけで、そうさ、プライスレスさ」

色とりどりの風鈴が、そんなふうに語らってくれている気がしました。おれ、ロマンチストかなぁ。でも、たまにはいいじゃないか、静けさに流れる風鈴よ。

最高の朝と最高の出会いの夜。20年前にアロハオエを作ったリリオカラニ女王のご親戚にあたるハワイの人間国宝のアンクルジョージナオペ氏が仙台に来た時の夜を思い出しました。

20年後の仙台の同じ会場で、おおたか静流さんとともに、アロハオエを会場にきてくださった皆さんとともに円になって歌いました。そんなミラクルが起きたのです。朝に機材を組んでいた時に、まさかこうなるとは、誰も予想していませんでした。

69574235_2468622116751404_4530239196383674368_n
69700387_2399473596993322_25890294788521984_n
photo by mari odajimaさん

おおたか静流さんの生ライブで初めてアロハオエを聴いたときから、時計の針が動きだした気がします。

最後に、それぞれのお気に入りの衣装(僕は手術を無事に終えたらこの衣装でステージに立とうと決めていました)を身にまとい、アンクルジョージナオペ氏のスピリットに敬意をこめて、記念撮影をしました

(写真向かって左より)
鍵盤とコーラス:瀬川将広
BASS:ベースマン・ミート
Voice:おおたか静流
ギターと民族楽器:ラリー船長
Drums&ピアノ&パーカッション&コーラス:井上英司


69811728_2576091779113596_1030019082696523776_n
photo by mari odajimaさん

一生、忘れなられない夜の終わりから朝の始まりまでの旅となりました。

舞台の設営から始まった朝。

4BDD0173-E1CD-47B1-B3E9-F8C07DCF385C
この日の必要経費を除く収益6,991円は毎日新聞東京社会事業団を通じて、東日本大震災で遺児となった子供たちへの奨学金として、おおたか静流(仙台)コンサート実行委員会の名義で寄付させていただきました。皆さまのご協力に心から感謝申し上げます。

ご来場いただいた皆さん、イベントにご協力してくださった皆さん、ジャズフェスティバルのスタッフの皆さん、市民活動サポートセンターの皆さん、当日ご協力くださったスタッフのみなさん、ここに書ききれない皆さん、、、

そして、おおたか静流さん、心から心からありがとうございました。仙台に来るときは、またお互いの音楽の船を同じ港につけて、音楽が楽しめたら最高です。家族のような気持ちで、いつかコンサートがまた出来る日を心から待ってますよ!!

いよいよ次回のブログは200回目の投稿となります。大変濃い2日間でしたので、2回に分けてのブログになります。翌日のジャズフェスとガレージロックでの「The 海賊団」のライブについて書きます。

お楽しみに!!いよいよ次回が200回目の投稿かぁ!!!感無量です。   

ラリー船長より(199回目の手記)

第198夜「ご来場ありがとうございました」

木暮”shake”武彦さんの仙台でのライブ2DAYS、カフェルシールでの海賊フェスティバル、おかげさまで無事に終了しました!

69839980_2492758697481811_423738870673178624_n

Photo by みぃさん

ライブハウスennはロックコンサート。
昼呑み小屋通はアコースティックコンサートとの趣旨で今回の企画を進めてきました。

ennのオープニングアクトはABAZUREさん、bitter eNdさん、The海賊団の3組。

2DSC_7351
2DSC_7356

ロックコンサートを初日にとのコンセプトで今回はシャケさんを真ん中に、その日の出演者でセッションをすることになりました。

1DSC_7510
sDSC_7664
sDSC_7635
2DSC_7733

photo by mari odahimaさん

ennのライブは、大いにロックの渦となる1日となりました。

ハレルヤ!

2DSC_7351

この日、The 海賊団も、「冷やし中華始めました」ではないんですが、ひっそりラリーアッサラーム海賊団から「The 海賊団」に改名してライブをさせていただきました。

IMG_0704

セッションではあの曲もこの曲も名曲揃いのロックな夜となりましたが、音で花を添えたい一心で、気がついたらバラとワインでした!また、セッションでは個人的にはThe海賊団と化石の森ぶりのみぃさんとの共演も感慨深かったです。ご縁をくださったシャケさんに心から感謝です。


さて、翌日はルシールで開催となった海賊フェスティバル!記念すべき第一回目の開催!

IMG_0657

この日は9/7おおたか静流さんのライブでバックバンドをする静流さんの音楽を慕うラリーの音楽仲間たちが集いました。

第一部では、おおたか静流さんのバックをつとめるバンドのお披露目ライブとの趣旨で、エレキシタールやドタールという楽器などで演奏しました。ドタール は名前がドトールみたいですがコーヒーの臭いはしません。もとは中近東の楽器で、2弦です。だけど、やたらネックが長い!!手がなかなか届かない!!

IMG_0659
69537796_947893635565410_2140929021100163072_n

第二部は4人バージョンがメインのThe 海賊団!

69505145_395681681147918_7310306329480921088_n
69427111_338645490168299_5240403238389284864_n
70384254_510272509806147_7763193098787618816_n
photo by tomoko sugawara さん

後半では鍵盤のセガワくんが参加し、ラブオンザプラネットで、まさかのオールスタンディングとなる激アツのアンコールワット、いや、アンコールとなりました!いや、アンコールしてね、感をめちゃくちゃ出してしまいましたが、素晴らしい宴となりました。

明けて昼呑み小屋「通」でのアコースティックライブ!この日はオープニングアクトでラリー&セガワでのアコースティックライブをしました。この日はたっぷりアコースティックなシャケさんのコンサートが、愛すべき会場「通」に鳴り響きました。

IMG_0672
IMG_0670
photo by ラリー 

新しい曲や懐かしの曲を交えて、シャケさんのアコースティックな世界を堪能し、途中エレキも登場。この会場ならではの音響のよさもあり、目の前での演奏の迫力もとあり、ロックコンサートとはまた違った喜びの声を多くいただきました。

この日は、終演後に打ち上げもあり、今回のライブを振り返りながら、ゆっくり語らい夜はふけてゆくのでした。

翌日は特集が組まれた雑誌を購入し、ライブの余韻を味わっていました。次回、仙台にはシャケさんは春にワンマンでライブに来られる予定があるそうです。

IMG_0708


ご来場いただいた皆様、共演者の皆様、エンの皆様、昼呑み小屋通の皆様、イベントの開催にあたりご協力いただいた皆様、そしてシャケさん、素晴らしい時間を心からありがとうございました。

いよいよ今週末はジャズフェス2DAYS、おおたか静流さんとのライブ、そしてThe 海賊団ではガレージロックでの初ライブです!!ガレージロックは25年前に対バンしたThe ボッカーズとのサプライズで共演。

詳細は前回のブログ「第197夜 ラリー船長のライブ予定」をご確認ください。今週末タイミングの合う方は是非ご来場よろしくお願いします。


69236695_657484011404425_7706006279256276992_n

67799293_498178924250081_5046233964574932992_n



QRコード
QRコード
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ