「ラリーアッサラームの海賊日誌」

ラリーアッサラーム海賊団の船長 「ラリーアッサラーム」の海賊日誌です。

ラリーアッサラーム海賊団の船長
「ラリーアッサラーム」の海賊日誌です。

             < 略 歴 >

1992年にStarlight Avenue Band結成。

1993年にBAD★TRIP結成。

1997年にラリーアッサラームとしてソロ活動を開始。
このころ飼い始めた猫は現在も存命中。

2001年にはラリー1st album 「BLUE VIRGINS」をリリース。

2004年にはGeoge Naope氏のalbum 「ALOHA SENDAI, Uncle Come Home」
をプロデュース。特設サイト⇒ http://www.hula-lei.jp/cd_order.html

2011年にはラリーアッサラームとして
2nd album 「BLACK VIRGINS」をリリース。

2017年には1st album
再録音CD「Blue virgins revolutions」をリリース。

現在、ラリーアッサラーム海賊団で
杜の都・仙台を中心に音楽活動中。





ラリーアッサラーム HP
http://rallyspider.jimdo.com/

↓ ↓ ↓ ↓ 最新記事 ↓ ↓ ↓ ↓

ジャズフェス~舞台裏から~

おばんでございます。Rallyです。

ジャズフェス、福島blackcomet club、仙台ライブハウスenn、
ご来場いただいた皆様、共演者の皆様、会場スタッフの皆様、心からありがとうございました。

今回のライブの報告は、ああだった、こうだったということより
何が僕の中で残ったのかを中心に書きたいと思います。長文をお許しください。

心からの感謝をこめて。

P9141181

2014年9月14日、今回のライブはジャズフェスのタイアップステージ
トラストシティで行われた木暮"shake"武彦さんのソロライブから
幕をあけた。

P9141317

勾当台公園の野外音楽堂での
化石の森with木暮"shake"武彦のステージ。

実はこの舞台裏で僕らのライブの次に出演するリコさんのバンドで
ギターを弾いている友人と、本番前に数年ぶりの、ひさびさの再会そして
お互いに「いいステージにしよう」と声をかけあった。

ライブ終了後PASSING TRUTH DRIVEの3人とも会えた。
約20年前に新潟に一緒にツアーに行った仲間たち。

それから、機材を搬出するときにも、
これまでに出逢ってきた、かけがえのない人たちにたくさん会えた。

P9141343

shakeさん、野音のステージに降臨。

3年前に化石の森でshakeさんの前座を仙台ライブハウスennで行ってから、
shakeさんのいまの音楽にふれる機会がたくさんあった。

今回はトラストシティで今の音楽、
野音では化石の森とのセッションで音楽の炎を、
火山のように爆発したかった。

そして、今回は3年前に僕らが出会った
仙台ライブハウスennに帰る。



それから一週間後。


2014年9月18日、福島。
仙台ライブハウスennでのライブの前夜。

black comet club。


DSC_1391


なんと。。!
約20年前にPASSING TRUTH DRIVEとの新潟のツアーに
ライブ会場にいた人から

花が届いていた。

振り返れば、すべてが1本の道。

ジャズフェス前に行った生涯400本目のライブ。

また今回のshakeさんツアーのオープニングで

この店で唄えることが、こころからうれしい。


DSC_1390

羊。

福島にあるblack comet clubという店のマスター。

俺のソロアルバム「BLACK VIRGINS」のジャケを描いてくれた。

この店には、danelectroのギターがとてもよく似合う。

1958年製のギターをカウンターに。

俺の親友と俺の相棒のギター。


1555455_433666903432156_3173508459322102764_n


福島での「木暮"shake"武彦ツアー透明な夜」が始まる。

この扉の奥で行われた、熱狂の夜。

流浪のギターリストKONくん&瀬川と共に奏でたオープニング。

シャケさんの素晴らしいライブ。

最後にセッション。

SOLD OUTした夜。会場の方々と共に音の魔法に包まれた。

66年前のダンエレも、よく頑張ってくれた。


DSC_1389




開けて翌日、会場は

仙台ライブハウスenn。



10686818_434100646722115_4507888344804856676_n



DSC_1397


リハーサル。1958年のダンエレを使おうとしたら
おじいちゃんすぎて、ネジがとれてしまい、中から変な「砂」のようなものが
でてきた(笑)。

相棒グレッチの出番。shakeさんのリハーサルの音楽を聴いている。

ギターの中にも染みこんでいってほしい。魔法の音を。

パークスさん、bitter eNdさん、
化石の森のオープニングアクトが終わり、

仙台での「木暮"shake"武彦ツアー透明な夜」が始まる。


10492147_707521419328041_2898581122914173610_n


984227_434626970002816_6423168551233400679_n


友情というものは、互いの価値を認め合い、好感、信頼に基づいて
成り立っているものだと数多くの先人たちから、教えられてきた。


「今日は、おもいきりやろうぜ!」と飛び交う、言の葉。



11

このライブの舞台裏では、たくさんの友情が織り交ざっていた。


紙のチラシを楽器店やライブ会場に貼りにいった人、

共演のために何時間もスタジオでリハを重ねてきた人、

お客さんに快適にライブをみてほしいと会場の準備をした人、

その舞台裏にいる一人一人が

shakeさんが東北にくることを心待ちにしていた方々、
このライブを楽しんでくれる方々の

喜んでいる笑顔がなにより見たかった、その想いだけでみんな動いていた。

そこにあったのは、言葉では言い表せない「友情」があったんだと思う。

shakeさんが、東北に感じてくれる「友情」。

これからも素晴らしい旅がつづくに違いない。

木暮"shake"武彦 web site

http://www.psychodelicious.com/


10406411_702696963143677_3583374970288957502_n


化石は、

これからレコーディングに入る。

現在でている「BLACK VIRGINS」の

次の物語の始まりだ。


化石の森のアルバムは「SILVER VIRGINS」、

ラリーのアルバムは「GOLD VIRGINS」

という2枚を、これから作る予定でいる。

こちらもかなりの長旅になりそうだww。

jpg


レコ発ライブは、いつになるかわからない。

レコーディングのため、これからは背中を丸めて

「マタギ」ではなくドンブクとステテコで

冬の間はみかんむきながら「マッキントッシュ」とにらめっこの日々だ。



次なるライブの復活はいつになるかww?



64



「レコ発ライブで復活できるのかな?」とか

「ちゃんとステージに立てるのかな?」とか

「汗ふきタオル忘れてこなかったかな?」とか

個人的に物怖じしちゃうことはまず間違いなく確定だろう(笑)。



そのときは、僕にとってはあまりに

大きな今回の舞台と

舞台裏の友情、つながっていた道を思い出し、


音楽の活力にしていきたい、と思います。



長文を最後まで

ご拝読いただき、ありがとうございました!!!

化石の森with木暮"shake"武彦

2014年、「化石の森with木暮"shake"武彦」の一員として

ジャズフェスに参加できてうれしかった。

2日目の野音には、雨上がりの夕暮れの景色が広がっていた。




   野外音楽堂ライブ (写真提供/ペーパーバック ZAKIさん)


            化石の森with木暮"shake"武彦

IMG_6331

本番前の自分。今回は「マタギ」で登場。「狩り」にきましたぜ、的なww。

P9141197

自転車で前日に転んで4針縫った、ドラムのバルボッサみぃ。

P9141352

ルパン三世のジゲンと化した、ベースマン・ミート。

P9141239

後ろの看板と同じ表情で演奏するクレイズ・セガワ。

P9141234

狩りの始まり(笑)

P9141259


そして・・・
みんなが待ちに待っていた、木暮"shake"武彦さん。


IMG_6678



震災の後、この「3年」には

出演する方々にも、

お客さんとして参加した方々にも

このフェスティバルのスタッフの方々にも

出演を断念した方々にも

参加を断念した方々にも

テレビやネットには語られない

3年の世界が、あった。


木暮"shake"武彦さんのギターが会場に響き渡る。



P9141332


3年をかけて、ここにきた。

僕らもだし、みんなもそうだ。




今年のジャズフェス野音には、きっと


ロックンロールエンジェルが舞い降りるに違いない。



そう、信じた。



1)ラブオンザプラネット

2)ストライクユー

3)カントリーロード

4)グレープフルーツ

5)ロイアルストレートフラッシュロックンロール

6)薔薇とワイン


IMG_6670





今年、ジャズフェスで、とくに感じたこと。




震災の前からそうだったが

郊外型で大きな全国チェーン店ができて、

一軒のでかいショッピング・デパートができてから

商店街は激減していった。



これは、音楽にも影響していないか?

と僕は考えるようになった。


      (2013年ジャズフェス 写真提供/森島さん)


_DSC0402



例えばの話だが、音楽も


靴屋、薬屋、はんこ屋、服屋、八百屋、魚屋、肉屋・・


のように、いろいろな持ち味がある。



そんな一軒一軒が

あちこちから「ヘイいらっしゃい!」

「いい音楽をやってるぜ!聞いてっておくんなまし!」なんて

対面で人が人に声をかけあえるような

環境は、なくなりつつある。

  
    ( 2014年ジャズフェス 写真提供/zakiさん )


P9141389



「ダウンロード」や「ユーチューブ」は便利だが

まるでデパートのようだ。



僕は押入れのレコードが捨てられない。



「自分で探した」という物語が、なくなるのが


いやだからだ。



ジャズフェスでMAPを手にした人、

MAPに自分の地図をかく人、

とてもそれはアナログだが、


靴屋、薬屋、はんこ屋、服屋、八百屋、魚屋、肉屋・・


P9141295



昔の商店街のように

ジャズ、ロック、ヘビーメタル、アコースティック、

アコーディオン、バイオリン、合唱、三味線、民謡など

バンドの演奏が街のあちこちで、


「ヘイいらっしゃい!」

「いい音楽をやってるぜ!聞いてっておくんなまし!」

なんて

対面で人が人に声をかけあえるような場面がたくさんあった。


P9141320


そんな中、


大雨の中で演奏する人々、応援する人々、がんばるスタッフの方々もたくさんいた。


俺たちも、

靴屋、薬屋、はんこ屋、服屋、八百屋、魚屋、肉屋・・

ではないが、

気持ち的には「俺たちロックンロール屋だぜ!」というような

想いで、インターネットなどの

音楽のデパートには絶対だせない

たったひとつの、ここだけにしかない音を、おもいきりだしきりたいと思った。


P9141377


当日は

駅前にしか車が止められず野音まで歩いてきてくれた方、

山ほどの用事や用件を置いて駆けつけてくれた方、

遠い遠いところから移動して野音の会場にたどり着いた方、

ご来場下さったすべての方々、スタッフの方々、

共演の方々に、心から、心から感謝します。


本当に、ありがとうございました。

                          Rally

 次回ライブ 


「福島/木暮”shake”武彦ソロツアー・透明な夜」
(SOLD OUT)

9月18日(木)19:00 開場 19:30 開演
入場料 4000円(2DRINK付)
出演:木暮”shake”武彦
(オープニングアクト・ラリー)
会場Black Comet Club  
住所:福島市陣場町8-11-1F TEL024-573-1325
(福島駅より徒歩10分)
 
「仙台/木暮”shake”武彦ソロツアー・透明な夜」
(ご予約受付中 ↓ ↓ ↓
http://shake009.jimdo.com/  )

9月19日(金)18:30 開場 19:00 開演
入場料 3000円(1DRINK別)
出演:木暮”shake”武彦
(オープニングアクト・化石の森他)
会場:ライブハウスenn
住所:仙台市青葉区中央2-7-11-B1F TEL022-212-2678
(地下鉄広瀬通駅 東1出口より徒歩1分)








十五夜の夜に、天体観測

9月の十五夜、なんて素晴らしい月だろう。

今日は車で走りながら、バンプオブチキンの「天体観測」を聴きつつ何度も月が追っかけてきた。

もうすぐジャズフェス、そして福島Black Comet Clubでのライブと仙台ennでのライブが待っている。

このブログをもって、しばらくライブ情報はなくなる。それはそれで、9月のライブを特別なものに出来る。

そして、このライブが終わったら本格的にレコーディングの日々が始まる。

9月のジャズフェスと共に、木暮”shake”武彦さん(ex Red Warriors、REBBECAのギターリスト)の
ツアーでのオープニングアクトや共演が決定したことを下記のHPがくわしく掲載している。

1483237_602884423107588_1333481182_n


http://shake009.jimdo.com/

予約については、まだ空きがあるので検討中の方はぜひ。
予告なく、締め切りになる可能性もあったりする。
 
この秋、憧れのミュージシャンと二度目の共演のジャズフェス。
 
このあと、ライブについてはどれくらいの期間の活動休止になるかわからないが、
それもあって、9月に行うライブはきっと凄まじいものになるだろう。

化石の森のリハーサルでは、
これまで弾いてきたグレッチとFENDERのアンプが今までで
一番、鳴っていた。

まるでジャズフェスやライブハウスに「天体望遠鏡」をもっていくような気分で
会場のすみずみにまで第三の目を向けたい気分だ。


Bcuzmq-d7D5i4MvLqGIkKw



「JOZENJI STREET JAZZ FESTIVAL IN SENDAI」
2014年9月14日(日) 16:50 ~ 17:30
入場無料
出演:化石の森with木暮”shake”武彦
会場:勾当台公園野外音楽堂
(上記のライブと共に同日ジャズフェスタイアップステージとなる
 仙台トラストシティにて木暮”shake”武彦さんのソロライブが14:15~14:45にあります)
 
「福島/木暮”shake”武彦ソロツアー・透明な夜」
9月18日(木)19:00 開場 19:30 開演
入場料 4000円(2DRINK付)
出演:木暮”shake”武彦
(オープニングアクト・ラリー)
会場Black Comet Club  
住所:福島市陣場町8-11-1F TEL024-573-1325
(福島駅より徒歩10分)
 
「仙台/木暮”shake”武彦ソロツアー・透明な夜」
9月19日(金)18:30 開場 19:00 開演
入場料 3000円(1DRINK別)
出演:木暮”shake”武彦
(オープニングアクト・化石の森他)
会場:ライブハウスenn
住所:仙台市青葉区中央2-7-11-B1F TEL022-212-2678
(地下鉄広瀬通駅 東1出口より徒歩1分)

「猿の惑星」の秘密 



ひさしぶりに映画館でみたいと思う映画がある。

「猿の惑星~新世紀ライジング~」

日本版のアフレコも非常に楽しそうだ。


「ピース 公開アフレコで大混乱!人間失格ならぬ猿失格!?」

という記事があった。(以下、記事の引用)


9月19日(金)公開の映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』で

声優初挑戦となったお笑い芸人ピースが公開アフレコを行いました!

綾部さんは生き残りの兵士役を迫真の演技で見事に披露!

対する又吉さんは”警官1”という役ではなく本当は猿役がやりたかったということで

急遽会場で公開オーディションに!

しかし関西弁の猿や不気味な猿を連発、

あげくの果てに猿の気分になるために

綾部さんの胸毛をむしり取り大混乱に(笑)当然その努力(?)は実らず、

敬愛する太宰治の「人間失格」ならぬ

「猿失格」

の烙印を押され”警官1”役に逆戻り。

イベントは大爆笑の内に終了しました!

ぜひ劇場でお二人の役を探してみてください!

ということだそうだ。



特に「ピース」のファンでアフレコをみたいというわけではない。

しかし、胸毛をむしり「猿失格」になるとは

芸人魂を感じる、いまの日本人の笑いをくすぐる「公開アフレコ」だww。


が、日本に

あまり知られていない秘密があるという。


実は原作の

「猿の惑星」は日本人を猿に見立て描かれていたそうなのだ。




関心のある方は、

上記の動画を見てごらんください。




ところが当時の日本では


「猿の惑星」が空前の大ヒット。



「猿の惑星」の初期作は、バブルに浮かれる日本であったが・・



今度は人類絶滅の危機に猿のシーザーがリーダーとなり

人類と猿が対峙するという場面がある。



この新世紀ライジングのお猿さんを、

日本人に見立てて見ると

またかなり違った観点で楽しめる映画になるかもしれない。




日本は、

震災からの復興にむけて世界中からの応援を受けた。




その応援してくれた国の中には、

日本よりも

経済的に非常に厳しい国がたくさんあるのも事実だ。



こころをもって、

そうした国々で道をつくり技術を伝えてきた

日本人の大先輩たちもいる。



積極的な平和への活動とは何か。



新世紀ライジングをみて、熟考したいと思う


今日このごろだ。

野球少年の唄

Bcuzmq-d7D5i4MvLqGIkKw


野球にいそしんでいたことがある。

僕が音楽を始めるずっと前。もしかしたら音楽よりも才能があったかもしれない。

僕はずっとピッチャーだった。

今日は音楽のお話をしばしお休みして、野球にいそしんでいたときの

思い出話を書きたいと思う。

僕が野球に出会ったのは小学生のころだった。

きっかけは何だったんだろう?

ほぼ強制的に野球をさせられていたような気がする。

練習がいやでいやでたまらなかった。

最初は補欠。たまに試合にでてもライトで打順9番とか、

非常に微妙なポジションをしていたのだが

近所に転校してきた同級生がものすごく体格がよくて

打てばかなりの飛距離がでるバッターだったので

すぐに4番バッターに起用されて、

僕の補欠は不動のものになった。

このまんま補欠で青春時代を終わらせてはなるまいと

僕はバッティングにはあまり自信がなかったから

人知れずひそかにピッチングの練習を独学で始めた。

最初は人の家の壁にボールを当てて練習していたら穴が開きそうになったので

大人に注意されてやめた。

その後、学校のフェンスに向かってピッチングの練習を始めたのだが

面白いことを考えた。

投げた玉をフェンスの穴にすぽっとはめたい。

その練習をするために、何度も何度も投げるのだが

何度も何度も玉はフェンスに跳ね返される。

そうこうしているうちに、

速度をどんどん上げてみた。速度を上げると玉はフェンスに

跳ねて返ってくるというよりは、突き刺さりそうになって下に落ちるという

感じになるのだった。

2年ぐらいその練習をして、ついに数回フェンスの穴に

ボールがたまたま突き刺さるということが起きるようになった。

あいかわらずの補欠人生の中、

練習試合でピッチャーが怪我で交代せねばならないとき、

自分から

「俺、ピッチャーやってみます」

と名乗り出た。

俺が投げるたびに、なぜかみんな笑う。

シャツが出ていたとか、チャック全開とかでの笑いではない。

僕は、自分の球速が速すぎてみんな

サブイボだして笑っているのかと

完全自己陶酔しながら

気がついたら、圧倒的勝利で試合は終わっていた。

それから次の練習試合も次の練習試合もリリーフで呼ばれて、

またもや僕が投げるたびに

相手チームも自分のチームメイトも笑う。

当時、ジャッキーチェンの

「笑拳」

も流行っていたから

僕は野球で「笑拳」をしているのかな?!ぐらいにしか考えていなかった。


それから、リリーフではなく最初から投げるようになって、

そのうちチームのエースになってしまった。

にもかかわらず僕が投げるたびに笑われ続け、

同級生もホームランを打ちまくり、チームは県大会の準決勝まで進んでしまった。

準決勝の対戦相手は昨年度の覇者で優勝候補のチームだったのだが、

僕はあいかわらず笑われながらノーヒットに相手を押さえ、

最後のバッターは

プロ野球選手を目指す


大会屈指のホームランバッターKくん


だった。


僕はキャッチャーの「歩かせろ」というサインを無視し続け、

渾身の力をこめて玉を投げると、鈍い音がして

ファーストゴロ。


我々のチームは1点差で勝っていたので、

大会屈指のホームランバッターを最後に

とうとう決勝に進んでしまった。

決勝では残念ながら打線がふるわずに、1-0で負けてしまったのだが

県大会準優勝というのは、感激の嵐で、

同じチームのホームランばかり打つ同級生と

すべての試合で投げきった僕に、

信じられないサプライズが待っていた。

後楽園球場で巨人の

長嶋監督の前で

ピッチングやバッティングを披露するというお誘いを受けた。


「やってやるぜ!」


その日がきて後楽園球場に行き

全国から集う野球少年たちとグランドでランニングした。

いろとりどりの

野球のユニフォームが球場に集う。


名前を呼ばれて

ピッチャーマウンドに立ち、

長嶋監督の前で投げた。


たくさんの選抜された野球少年がいる状況だったので

僕が投げたのは3球だけ。


長嶋監督がマイクで言った。

「うーーん、暴投ですねー、でも球は速いなー」


僕は感動した。

長嶋監督がしゃべった!という感動が大きかった。


そして、野球を離れ

しばらーーく時間がたったあと、


準決勝で僕らが打ち負かしたチームの

大会屈指のホームランバッター


あのKくんが

学校の卒業文集で

「あの日の試合のことを書いている」

と友人が教えてくれた。とても興味があったので

知り合いに頼んでコピーをとってもらった。


そこにはこう書かれてあった。


「僕は野球を一生懸命してきました。

 県大会の準決勝まで進み、絶対に優勝できると信じていました。

 準決勝で対戦したチームのピッチャーは

 いままでに見たことのない

 めちゃくちゃなピッチングフォームで

 足を上げ、ボールを投げる時に足を普通なら下ろすのに

 足を上げたままボールを投げます。

 その反則に近いフォームのせいで誰も打つことが出来ず

 僕は9回裏の最後のバッターをしたとき、ファーストゴロに終わりました」


このKくんの文章を読んではじめて、僕はみんなの笑いの意味が理解できた。

独学でやり、そうなってしまったのだ。

そして、なぜ野球をやめたのか、それは

音楽が生まれて初めて自分からやりたいと思えたことだったからだ。


あれから僕は野球からすっかり離れてしまったのだが

きっとその後の人生に大いに役立っているとは思う。


① 独学でオリジナリティを見つけたら、もはや基本は誰も教えちゃくれない

② 笑われてるときには、世界中に褒められてると勘違いしたほうがいい

③ 気迫に勝るものは、とぼけること。勝負を迫られたら、力を抜くこと。


そんな野球時代を思い出しながら、

僕は地元の高校野球チームの甲子園出場に、

郵便振替の用紙をにぎりしめ、今日は郵便局の前に立っていた。


一口3,000円以上でお願いします。


さあ、何口にしようか、


暴投ピッチャー、ラリーアッサラームは


一試合勝つたびに一口づつ寄付しようと心に決めるのであった。


心から応援してるぜ!

がんばれ! 利府高校!!

holy1


     

QRコード
QRコード
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ