Bcuzmq-d7D5i4MvLqGIkKw


野球にいそしんでいたことがある。

僕が音楽を始めるずっと前。もしかしたら音楽よりも才能があったかもしれない。

僕はずっとピッチャーだった。

今日は音楽のお話をしばしお休みして、野球にいそしんでいたときの

思い出話を書きたいと思う。

僕が野球に出会ったのは小学生のころだった。

きっかけは何だったんだろう?

ほぼ強制的に野球をさせられていたような気がする。

練習がいやでいやでたまらなかった。

最初は補欠。たまに試合にでてもライトで打順9番とか、

非常に微妙なポジションをしていたのだが

近所に転校してきた同級生がものすごく体格がよくて

打てばかなりの飛距離がでるバッターだったので

すぐに4番バッターに起用されて、

僕の補欠は不動のものになった。

このまんま補欠で青春時代を終わらせてはなるまいと

僕はバッティングにはあまり自信がなかったから

人知れずひそかにピッチングの練習を独学で始めた。

最初は人の家の壁にボールを当てて練習していたら穴が開きそうになったので

大人に注意されてやめた。

その後、学校のフェンスに向かってピッチングの練習を始めたのだが

面白いことを考えた。

投げた玉をフェンスの穴にすぽっとはめたい。

その練習をするために、何度も何度も投げるのだが

何度も何度も玉はフェンスに跳ね返される。

そうこうしているうちに、

速度をどんどん上げてみた。速度を上げると玉はフェンスに

跳ねて返ってくるというよりは、突き刺さりそうになって下に落ちるという

感じになるのだった。

2年ぐらいその練習をして、ついに数回フェンスの穴に

ボールがたまたま突き刺さるということが起きるようになった。

あいかわらずの補欠人生の中、

練習試合でピッチャーが怪我で交代せねばならないとき、

自分から

「俺、ピッチャーやってみます」

と名乗り出た。

俺が投げるたびに、なぜかみんな笑う。

シャツが出ていたとか、チャック全開とかでの笑いではない。

僕は、自分の球速が速すぎてみんな

サブイボだして笑っているのかと

完全自己陶酔しながら

気がついたら、圧倒的勝利で試合は終わっていた。

それから次の練習試合も次の練習試合もリリーフで呼ばれて、

またもや僕が投げるたびに

相手チームも自分のチームメイトも笑う。

当時、ジャッキーチェンの

「笑拳」

も流行っていたから

僕は野球で「笑拳」をしているのかな?!ぐらいにしか考えていなかった。


それから、リリーフではなく最初から投げるようになって、

そのうちチームのエースになってしまった。

にもかかわらず僕が投げるたびに笑われ続け、

同級生もホームランを打ちまくり、チームは県大会の準決勝まで進んでしまった。

準決勝の対戦相手は昨年度の覇者で優勝候補のチームだったのだが、

僕はあいかわらず笑われながらノーヒットに相手を押さえ、

最後のバッターは

プロ野球選手を目指す


大会屈指のホームランバッターKくん


だった。


僕はキャッチャーの「歩かせろ」というサインを無視し続け、

渾身の力をこめて玉を投げると、鈍い音がして

ファーストゴロ。


我々のチームは1点差で勝っていたので、

大会屈指のホームランバッターを最後に

とうとう決勝に進んでしまった。

決勝では残念ながら打線がふるわずに、1-0で負けてしまったのだが

県大会準優勝というのは、感激の嵐で、

同じチームのホームランばかり打つ同級生と

すべての試合で投げきった僕に、

信じられないサプライズが待っていた。

後楽園球場で巨人の

長嶋監督の前で

ピッチングやバッティングを披露するというお誘いを受けた。


「やってやるぜ!」


その日がきて後楽園球場に行き

全国から集う野球少年たちとグランドでランニングした。

いろとりどりの

野球のユニフォームが球場に集う。


名前を呼ばれて

ピッチャーマウンドに立ち、

長嶋監督の前で投げた。


たくさんの選抜された野球少年がいる状況だったので

僕が投げたのは3球だけ。


長嶋監督がマイクで言った。

「うーーん、暴投ですねー、でも球は速いなー」


僕は感動した。

長嶋監督がしゃべった!という感動が大きかった。


そして、野球を離れ

しばらーーく時間がたったあと、


準決勝で僕らが打ち負かしたチームの

大会屈指のホームランバッター


あのKくんが

学校の卒業文集で

「あの日の試合のことを書いている」

と友人が教えてくれた。とても興味があったので

知り合いに頼んでコピーをとってもらった。


そこにはこう書かれてあった。


「僕は野球を一生懸命してきました。

 県大会の準決勝まで進み、絶対に優勝できると信じていました。

 準決勝で対戦したチームのピッチャーは

 いままでに見たことのない

 めちゃくちゃなピッチングフォームで

 足を上げ、ボールを投げる時に足を普通なら下ろすのに

 足を上げたままボールを投げます。

 その反則に近いフォームのせいで誰も打つことが出来ず

 僕は9回裏の最後のバッターをしたとき、ファーストゴロに終わりました」


このKくんの文章を読んではじめて、僕はみんなの笑いの意味が理解できた。

独学でやり、そうなってしまったのだ。

そして、なぜ野球をやめたのか、それは

音楽が生まれて初めて自分からやりたいと思えたことだったからだ。


あれから僕は野球からすっかり離れてしまったのだが

きっとその後の人生に大いに役立っているとは思う。


① 独学でオリジナリティを見つけたら、もはや基本は誰も教えちゃくれない

② 笑われてるときには、世界中に褒められてると勘違いしたほうがいい

③ 気迫に勝るものは、とぼけること。勝負を迫られたら、力を抜くこと。


そんな野球時代を思い出しながら、

僕は地元の高校野球チームの甲子園出場に、

郵便振替の用紙をにぎりしめ、今日は郵便局の前に立っていた。


一口3,000円以上でお願いします。


さあ、何口にしようか、


暴投ピッチャー、ラリーアッサラームは


一試合勝つたびに一口づつ寄付しようと心に決めるのであった。


心から応援してるぜ!

がんばれ! 利府高校!!

holy1