おはようございます。

約1ヶ月ぶりのブログになります。

9月のジャズフェス&black comet club 、

ライブハウスennをもってライブ活動を

お休みして、もうすぐ2ヶ月。


気持ちをリセットするのに、録音の開始と同時に

今まで活動してきたことを、振り返ってきました。


ライブが終わって、ライブは一瞬なのですが

ご覧になった方々より心のこもったメッセージをいただき、

かけがえのない、気のこもった言葉をいただきました。

また、いままであまり聴いてこなかった音楽を

むさぼるように聴いています。

よかったアルバム。音を聴いて、ぶっとびました。



BUCK TICK  「夢見る宇宙」

BUCK TICK 「或いはアナーキー」

BUCK TICK  「ベスト盤」



IMG_7022


いやあ、いま、最高にタイムリー。

新作が素晴らしいので、ライブもいつかみにいきたい。

みにいきたいというか、つかみにいきたい。

目指す方向性が最高にかっこいいのです。



「JUST ONE MORE KISS 」で時間が止まっていましたが、

最近の新作の名作ぶりは半端ないです。


いいものは、いい。


今日も新しい一日。

次のライブでは新しい視点でのライブをすることに

なろうかと、そんな助走の時期。



いままでの自分に背をむけるのではなく

もはやとなりにいるぞ、という感じで新たなものを作りたい。


1人で弾き語っても、そばにもう1人いるようなww。


音楽的に外見や音の表現はさまざまな展開を組めても

ゆるがない自分と言うのは数ミリもずらすことができないんだな

ということを、今回の録音によるリセット期間で味わっていました。


音は自由に動き、水のように好きなところに動きますが、


1人で弾き語っても、そばにもう1人いるようなww。


加齢のせいから頑固になってきたとかではなく、

もとあったものを、磨いているという感覚で音楽を作っています。


次回ライブや新作の発表は来年になろうかと思いますが、


心待ちにしてくださっている、世の中にいる数少ない希少な方に


「最高になりやがってこの野郎!」と吠えていただけるところまで


成長できることを夢見て、日々がんばりたいと思います。


ひさびさのブログ、ご拝読いただき、ありがとうございました。


それと、昨年度ラリー&佐藤光展で

オープニングSEを担当させていただいた

仙台の冬の名物となりつつある、

HiLiNE WiNTER FES 2014年12月21日(日)に決まりました★

このイベントに音でお手伝いをできたことに感謝しておりますが、

本番は素晴らしいミュージシャンがたくさん出演し、盛り上がることと思われます。

入場ご予約が開始しましたので、

お時間のある方はぜひ!

http://hiline.jp/

http://hiline.jp/music/music.html