RALLY A GO GO BLOG !

仙台のシンガーソウルライター、ラリーアッサラームのブログです。

2017年09月

第146夜「長い旅・外伝」

先日のライブにいらした方しかわからない話ですが


16年前に「ラリー&エイジ」で演劇をしたときの

サテンドールでの演劇・・

衝撃の画像が見つかりました。


image1


化石の森withスペシャルゲストで

共演しました

左手の白い服の人がドラムの井上エイジくん。

右手のひたすら謝っている赤い服の人が僕です。

この時、客席には

転換時に歌ってくれたゴスペルグループ数名がおりましたが

ゴスペルの方が歌うと僕たちしか客がいないという

サテンドールを貸し切っての演劇の時間でした。

しかも2時間ぐらいは演じていたと思います。

画像をよく見るとサテンドールのステージを布みたいなので

隠していますが、

確か浜辺で兄貴と弟が熱く人生を語らっているとイメージで

紫の布を使っています。

が、布だけで

浜辺

を思い出してほしいとは

イメージの難易度が高すぎるし、

たしか浜辺のイメージでラジオノイズを流していたと思います。

いま見ると、本当に、

なんだよそれ~というレベルでした。


16年後この同じサテンドールで

木暮”shake"武彦 with Big Mountain Blue


オープニングアクト化石の森withスペシャルゲストとして

ライブができるとは、

だれも想像できなかった。


当時いたゴスペルのグループの方々。

誰だったか、今や、記憶が、

まったくわからないです。


それにしても16年前のあの日からの現在・・

長い旅だった・・・・・!!


ここからも長いぞ、

どこかの市町村にある

ローカルな

武道館で

ライブが出来る

その日まで!!


                      ラリーアッサラーム


第145夜「長い旅の始まり」

仙台サテンドール2000。

2017年9月23日。
おそらく一生忘れることのできない思い出の夜。

ライブ本番までいろいろな紆余曲折はあったが、
木暮”shake”武彦with Big Mountain Blueが東北ライブを行うのは今回が初めてであり
ご来場いただいた皆様、
PAを担当してくれたアイゼンさん、受付をしてくれたオジキ、
サテンドールのマスター、
化石の森withスペシャルゲストのメンバー、
木暮”shake”武彦with Big Mountain Blueの皆様のおかげで
本当に素晴らしい夜となった。

今回は日程の都合により東北は仙台と石巻のみのツアー。

非常にスリリングな9月23日(土)本番までの道のりであったが、
表舞台だけでなく、舞台裏もとても大切であり
プロフェッショナルの経験豊富な方々からノウハウを教わったり、
タイミングのよいところで助言をいただきながら、
励みとなる、ここには書けないほどの貴重な言葉を、心の中にたくさんいただいた。

その言葉は心の中、
波紋のように余韻として残る。

photo by mari odajimaさん

21687612_1252504211528109_2155749593522397008_n

木暮”shake”武彦さんの言葉。

「ここで会うまで本当に忙しかった。でもやっとここに帰ってきた気がする。

 ひさしぶり、ラリー。今回の東北でのライブ、おもいきり楽しもうぜ!」

なつかしい話をしながらライブの前に過去といまとこれからの話をした。

レッズ、カジノドライブ、ソロ、仙台のジャズフェスで思い切り演奏した瞬間

その後の東北でのライブを思い出しながら語らった。

shakeさんは楽しそうに話した。

「時間が経てば、よいものになっていくことがたくさんあるよ」

photo by Akio Meguroさん

22007449_1488244594595501_1349980927825434032_n

オープニングアクト 化石の森withスペシャルゲスト。

都合により4日前にスタジオに初めて入り、もうこの日がライブという

無茶ぶりすぎるハードスケジュール。

DPP_6965-300x200

ドラムス&生ピアノの井上英司くんは化石の森よりもずっと前に

ラリー&エイジという

旅芸人のようなグループを組んで活動していた相棒。

が、一緒にライブをするのは16年ぶり。再会は4日前。

彼は本番では実は高熱をだしながらステージに立っていた。

彼は彼の親しい人に語った。

「ラリーさんは俺の守り神みたいな男です。

 いつも人生の大事な瞬間に、かならず現れてくれる。

 今回は16年ぶり」


そう言って今回の急なライブ出演をこころよく受けてくれた。


4%20-%203

この日は急きょ化石の森の俺と瀬川に
スペシャルゲストとして井上英司くんと共に
ゲスト出演の高橋タケシさん(写真左下)。

シャケさん史上初の「産婦人科」でのライブ企画。

彼の務める産婦人科から、
ものすごく忙しい日であったのに
高橋タケシさんが負傷しているにもかかわらず
夜のライブ会場に
駆けつけて化石の森でベースを弾いてくれた。

シャケさんのライブ中に「オッギャーーーッ!」
お生まれになった新しい命もあったそうだ。

なんて
映画よりも映画のような一日なのだろう。

21764737_992164347582406_5240825617448011443_n


化石の森のクレイズ・セガワ。

彼は語った。

「今日のセットリストは、"はてのないよるのうた"からだね」



???




”はげのないよるのうた” と聞こえた。



Bcuzmq-d7D5i4MvLqGIkKw




2017.9.23 化石の森withスペシャルゲスト セットリスト

01 はてのないよるのうた
02 ラ・メール
03 グレープフルーツ
04 ラブ・オン・ザ・プラネット
05 スターダスト・ブルース


今後の化石の森の活動について
詳細は下記の木暮”shake"武彦 東北ツアー応援団サイトにて
新体制となることが発表となった。

https://shake009.jimdo.com/


これからは仙台で行う木暮”shake”武彦氏のライブで
セッション等が企画として必要となった場合、
同氏とライブ企画者がメンバーを選考し、
セッション・バンド
「化石の森スペシャルバンド」としてライブを行うこととなった。


13900217_755712701236274_7321818893495354736_n

そして、

舞台裏で一番

活躍してくれた仙台のバンドマン・アイゼンさん。

PA(音響)をお願いした。

彼は本当に大変だったはずなのに

男気あふれる握手を交わしながら語った。

「今日は面白かった。本当に面白かった!」

photo by chikakoさん

21762107_487995931574838_6603856422247270887_n

花束とシャケさん。
満場のお客さんの笑顔で会場が一体になった瞬間。

本番まで、
「次はどうする?」
の連続だった。

正解はなかった。しかし、困ったときに
あらわれる仲間たちの援軍のような言葉。

それは本当に高すぎる壁を超えるための言葉だったかもしれない。

まるで
人が「はしご」になって、次も「はしご」になって、
登っても登っても人が「はしご」になっていく。


誰が壁の頂上に登ってもいいのだ。
そのはしごの途中で
誰かが俺の肩に足を乗せて登っていく。



人間はしごになって



つらなってくれた



人間全員に




ありがとうございます!!



これを読んで心あたりのある、あなたに。



心から感謝こめて。








さあ、今からは

長い旅の始まりだ。

アーユーレディ?




naruko-ongakusai-sidebanner01


次のライブは
ラリーアッサラーム海賊団。

メンバー 
ギターボーカル:ラリーアッサラーム
ギター:前田”兄貴”直樹
キーボード:瀬川”クレイズ”将広
ベース:地紙”ジガマン”聡
ドラムス:八巻”オジキ”渉

10月は
鳴子、遠刈田、仙台でのライブ。

次回のライブ予定など
ラリーアッサラームHPを
さっき更新。

https://rallyspider.jimdo.com/



20992927_1520029338077202_9045438394742235753_n



これからの旅。

永遠に残るであろう一夜の記憶。


21761824_720930051441611_9103821879757753400_n


本当に素晴らしい夜でした。

21761640_720930058108277_93095954467939619_n


素晴らしきバンド。Big Moutain Blue。

4%20-%2016









楽しすぎて、余韻はさめない。


















長い旅の始まりに。











第144夜「楽しみたい人に贈る音楽」


IMG_5615


本屋でジャケ買いではないのだが、吸い込まれるように買ってしまった。

雑誌以外に新刊で本を買うのは久しぶり。

買って間もなく、ものすごい勢いで、まるで腹を空かした子供が

本当に食いたいものをむさぼるかのごとく時間を忘れて読みふけった。

この本はネットではいろんな賛否が書かれているが、

このような本が世に出たことは、とても嬉しい。

ご本人の書いたものはウィスキーの原酒のように

効く~!と思いながら楽しく読んでいたが、

近くにいた方が感じたこと、感じていたこと、

ひしひしびんびん感じることができた。それでいてさらっとしていて

読みやすかった。何回か本を読みながら

泣いた。RCの歌ではないのだが、電車で読まなくてよかった。

ホームで降りて泣いたかもしれない。

いまこのタイミングで

素晴らしい本を、清志郎さん、

天国からありがとう!!!

Bcuzmq-d7D5i4MvLqGIkKw

さて、もうすぐというか、もはや秋。

おいら、禁煙もうすぐ3年。

いよいよ卒煙だぁ!と思ったが、

その瞬間

実際は吸わない人は

ずっと我慢していたのだと思った。

ご迷惑をおかけしてきた人には申し訳ない。

禁煙も、卒煙も、なにも、すごくない。

喫煙ルームしかなく、宿泊したビジネスホテルにて

かつては喫煙ルームしか宿泊しなかったおいら。

いまは、ヤニの臭いで目がくらくらと、かすむ。

本を読んで、

音楽とは何か?

さらに物思いにふけった。

生きて、思い切り吠えて、

誰かに世話になって、音を求める人も音をうるさいなあとおもう人も。


それでも卒音はないのかもしれない。

煙を愛する人がいるように、

煙を愛さぬ人がいるように、

おいらの音楽は、楽しめる人が楽しめれば、それでいいのだ!


21751692_1142288629234839_3164586122923115794_n

photo by 勝山千鶴さん

これから鳴子音楽祭と遠刈田温泉に出演する予定の

ラリーアッサラーム海賊団。

写真は兄貴と地紙さん。

21558768_1142288545901514_8876002520587303179_n


ラリーアッサラーム海賊団の
ドラム・ヤマキ。ピンクのドラムがまぶしい。

【ラリーアッサラーム海賊団】

今後のライブ予定
    ↓


鳴子音楽祭

http://welcome765onsen.web.fc2.com/


naruko-ongakusai-sidebanner01


10月1日(日)11:40~12:10 ほっとパークステージ

遠刈田温泉 小さな音楽会

10月8日(日)14:30~15:00 遠刈田温泉

(出演者敬称略)

10:20~10:30 開会の挨拶
10:30~11:00 蔵王ブルージーンズ
11:10~11:40 佐藤美佐子
11:50~12:20   Feather
12:30~13:00 黄色いカラス
13:10~13:40 苫米地サトロ
13:50~14:20    奏っペ
14:30~15:00 ラリーアッサラーム海賊団
15:10~15:40 どら猫ジャズ2017
15:50~16:20    海藤節生&英明


21687575_1142288402568195_4386768057192562151_n


鍵盤のクレイズ瀬川。

今週、化石の森で一緒に演奏する。

15665805_1898334410396772_4678368115893276580_n

ゲストの紹介。

タカハシタケシさん。bitter eNdでこれまで何度も

シャケさんライブのオープニングアクトを

共にした仲間。

bitter eNdの船長。


そして化石の森よりもずっと太古の昔、

2001年頃に

一緒に「ラリー&エイジ」というユニットを組んでいた

井上英司くんをゲストに。

DPP_6965-300x200



木暮”shake”武彦さんのライブのオープニングをします!



4

仙台で今週末行われるライブ。

木暮”shake”武彦 TOUR2017
~古い歌を歌おう~              

 

日程:2017年9月23日(土曜日) OPEN:19:00 /START: 19:30

出演:木暮"shake”武彦withBIG MOUNTAIN BLUE
BIG MOUNTAIN BLUE MEMBER 〉〉〉 
KEY:三国義貴 B:山崎洋 Per:丹菊正和

オープニングアクト:化石の森withスペシャル・ゲスト
今回のオープニングアクトは、都合により   

化石の森のラリーアッサラームとクレイズセガワの演奏に

ゲストミュージシャンが参加してのライブとなります。



サテンドール2000

仙台市青葉区立町17-24B1 TEL.022-225-1743
入場料(前売)3500円(当日)4000円(ドリンク代¥500-別)
==================

Ticket Infoのページ〉〉〉https://shake009.jimdo.com/ticket-info/

お楽しみに!!

第143夜「さらばシンドローム」

『メタボ予備軍』

健康診断の結果、すれすれでメタボの予備軍となった。

40代も半ばとなり

予備軍と晴れてなることができた!

よしっ!


Bcuzmq-d7D5i4MvLqGIkKw


数年に渡る攻防。


人類は(というか俺は)

「あなたはメタボリックシンドロームです」という

塀の中で暮らしていた。

健康診断の結果、

□保健指導を希望する 


の□にチェックを興味本位で入れてしまったことが

塀の中の暮らしの始まりとなった。

Bcuzmq-d7D5i4MvLqGIkKw


塀の入口は


親切そうな看護婦さんだった。



食ってばかりいるおれに


「パソコンで毎日、体重の変動を書いてくださいね」

と、するどい助言が飛んできた。


その後

どんな暮らしが待っているのかわからなかったが、

自分の腹のおさまらない進撃の巨人を倒すため

看護婦さんは助言をつづけた。

〇夜に果物を食べるのはやめなさいね

〇朝ご飯を抜くのはやめてくださいね

〇好きなことや運動は適度にとりいれてくださいね

Bcuzmq-d7D5i4MvLqGIkKw


その後なんとか予備軍まで落っこちて

ほっとしたのは、なんといっても保健指導の厳しい

毎日パソコンで体重を書くという作業がなくなったというのが

本当に大きかった。

正直、2週間書けなくて、

体重を測った、2週間分適当に変動を書いたなどの

やむをえぬ巨人追撃記録を書いたということもたまさかあったのは事実である。

Bcuzmq-d7D5i4MvLqGIkKw


CMではライ〇ップで、

ダイエットに成功した芸能人が喜んでいる。


大相撲では

あいつぐ怪我人の続出でお相撲さんがどんどんいなくなっている。


ジャズフェスでは

荷物や楽器の運搬でひぃひぃし、すこし痩せたような気がしないもないでいる。


今年のジャズフェスでは多くのご来場者と

一緒に演奏してくれたメンバーをはじめ

イベントを支えるジャズフェスティバル実行委員のみなさんに支えられ

2017年9月10日(土)

化石の森(西公園)

photo by mari odajimaさん

21553158_1242005042578026_48635845_n


ラリーアッサラーム海賊団(仙台商工会議所)


photo by 大野さん

21433038_1754025271560804_4933410805700494941_n


このイベントに出演することができ、多くのことを学ぶことができた。

心から感謝である。


Bcuzmq-d7D5i4MvLqGIkKw



これまで夏だったが、ジャズフェスをもって

秋・冬になる季節の変わり目でもあることを今週は感じていた。


そんな最中、メタボ予備軍

そんなバンド名のような通知を手にもって、

巨人ともお別れになりつつあるのだが、

ものすごく細やかな保健指導のやりかたもいいのだが

勝手におれはこんなことをライブ後に考えていた。

blue_virgins




メタボと診断されたら




















□相撲に出場しますか













というのはどうだろうか。

もちろんプロの力士との対決などは、怪我どころではなくなる。

なので、

年賀状や暑中見舞いの時期に

近所の郵便局に土俵を置き

近所の人たちと相撲をとる。

その相撲の土俵入りの様子を写真入りはがきで

「メタボ相撲に出場しました」

などのはがきを強制的に購入させられ、

「うっ」となる。

10枚は誰かにだそう

とか

真冬や真夏に相撲はきついだろう

とか

真冬は野郎で真夏は女子ではどうだろうか


など

もはや壇蜜動画より

物議をかもしだす取り組みになるかもしれない。



そんな、やだよなぁ近所で相撲!?

と思う場を強制化されたら、


メタボ解消にも本気になるのではないか?


そんなことを考えたりもしたが、

十分に毎日体重の記録を書くのが苦痛でもあったため、

□保健指導を希望する

には、これから気をつけながら

もうチェックしないようにしたいと健康診断の結果をみて

思っている。

Bcuzmq-d7D5i4MvLqGIkKw


熊は冬眠の前にたっぷり栄養をとるらしいが

人類は(というかおれは)

冬の間ずっとは寝られない。


次回のライブは9月23日(土)、

待ちに待った木暮”shake”武彦さんのライブのオープニングアクトが

待っている。

どんなライブにになるか、そのとき

その瞬間

一番かっこいいと思えることを表現していきたい。

BMBフライヤーe決定


木暮”shake”武彦 TOUR2017
~古い歌を歌おう~
              

 

日程:2017年9月23日(土曜日) OPEN:19:00 /START: 19:30

出演:木暮"shake”武彦withBIG MOUNTAIN BLUE

オープニングアクト:化石の森
場所:サテンドール2000

仙台市青葉区立町17-24B1 TEL.022-225-1743
入場料(前売)3500円(当日)4000円(ドリンク代¥500-別)
==================

★オープニングアクト★

「化石の森」

今回のオープニングアクトは、都合により

化石の森のラリーアッサラームとクレイズセガワの演奏に

ゲストミュージシャンが参加してのライブとなります。


  *上記公演のチケットの取扱は現在

木暮”shake”武彦東北ツアー応援団サイトのチケット予約を開始しております。
(お申込みは下記のページよりお申込みください)
Ticket Infoのページ〉〉〉https://shake009.jimdo.com/ticket-info/


きっと素晴らしい夜になると思います。

ご都合のつく方はよろしくお願い申し上げます!!

Bcuzmq-d7D5i4MvLqGIkKw

第142夜「もうすぐジャズフェス」

読書の秋の始まりだ。


ライブは楽しいけれど、個人的にアウトプットのみとなると落ち着きがなくなってくるので
活動的になればなるほど
いろいろな本を読むようにしている。


最近おもうことは、古本と新刊だとどちらがいいかというところだが
値段や読みたかった本を見つけた時の喜びは古本のほうがいいのだが
新刊は新刊にしかないよさがあったりするなあと思う。


いま知りたいことに焦点を当ててきている。

Bcuzmq-d7D5i4MvLqGIkKw


それと同じくCDショップの視聴コーナーでは、あえて聴いたことのない名前のバンドの
音楽を聴いてみたりするのだが、どうもYOU TUBEで探すのはいやだなあと思う。



ライブは見に行くといろんな角度から自分のみたいように見える。
けれどテレビは接写で見れたりもするけれど、万人がみな同じ角度でしか
視覚的には見れない。


ドラムのキックの音でけえな!ドラム誰だろう?とか
ベースいい音だな!誰だ?というのは
テレビや動画ではわかりづらく目まぐるしく動くので目で追えないし
音楽は気が付けばすぐ終わり
コマーシャルとなる。

なので、知らないバンドも音源だけで初めて聴いて
「動画も見てみたい!」「ライブも見てみたい!」と思える
新しい音楽との出会い方が好きだ。


なので、本も立ち読みって素晴らしい。

ビニールでかかっていて、商品が必要かどうか判断できないものより
立ち読みしてから、レジにもっていきたい本は買うがいいと思う。

またしょうもないことをたくさん書いてしまった。

今週の週末は仙台ではジャズフェスだ。

おいらは日曜日に

化石の森とラリーアッサラーム海賊団で出演します。

お時間タイミング合う方はぜひ。


ジャズフェス 


9月10日(日)

化石の森
am11:55~12:35 場所 西公園歩道橋側 

14264892_1209171625811549_6644284860815738067_n

    


ラリーアッサラーム海賊団 

15:10〜15:50 場所 仙台商工会議所

20992927_1520029338077202_9045438394742235753_n
 


QRコード
QRコード
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ