The 海賊団ラリー船長「海賊日誌」

The海賊団 ラリー船長のブログです。

2017年11月

第151夜「本日の格言part1”努力”」

大変読み応えのある本を読んでいた。
その中に「努力とは幸福に向かうための税である」との言葉があった。

Bcuzmq-d7D5i4MvLqGIkKw

ひさびさに背筋を伸ばして読んだ。

なんでこんなことをしているのだろう?と、
努力が苦痛になる時に
思わず立ち止まり、思うことは正直たくさんある。

音楽は聴くとき、楽しい。
でも人に聴いていただくものを作る時、
自分の才能のなさ、苦痛、やっと見出す創造の先に、
「楽しい」が待つ。

本当の税は、一生のうち、どれだけ税を払うのか?
政治に期待し、税は高いが恩恵も大きい国もあれば
政治に期待もせず、税をはらっても恩恵がまるでない
あきらめの国もある。

努力の税だって、
実はどこに幸福となって返ってくるものなのか?
税のように
わかりづらい。

努力の結果は、
じわりとわかるものかもしれないし、
努力の結果がでて、
勝利して忘れてしまったり、
辛酸をなめ
次の努力の種になることもある。

努力にゴールは?

税をはらっても
自分には恩恵がないので
自分のやれるのはここまで、
そうして努力に背を向け
去っていく人は、
「惜しかったなあ」で終わる。

目の前で飛行機を完成させたライト兄弟を
横目に見た人もいれば、
華々しいステージの演奏をみて
俺にも才能があるはずだと
泣きながら心を洗う人もいる。

それは、すげえ人のライブを
体感した時の俺のことだけど。

「努力とは幸福に向かうための税である」

根性論のように聞こえるかもだが、
努力という税の恩恵は
おそらく平等に返ってくるものではないのだろう。

納めるのがきつかった、
というほどの努力を
したかしないかで
立てる場所もやれることも
全然違ってくるのだと
最近つくづく思うことがある。

今日はとても固い話だったが、
よい言葉に出会えたら、
こういうお話も
書いていきたいと思う。

その時は
「本日の格言」という
タイトルで書きます。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。






GOOD LUCK !




                 ラリーアッサラーム

第150夜「闇とは何ぞや」

ライブの翌々日、僕は長野県長野市の善光寺にいた。

photo by mari odajima

22878974_1280633338715196_1097809993_o

ひさしぶりに共演したヤマザキヤマトさんと
最近、東北を中心にライブ活動中のラリーアッサラーム海賊団。

IMG_7049

善光寺では、お堂の中に真っ暗な渡り廊下を歩くところがある。
歩くのはおそるおそるであったが天国の錠前を見つけるとご利益があると
聞いたがヤマザキヤマトさんの「闇を走る」を思いながら2度目で
闇の中、錠前を見つけることができた。

22883908_1280633235381873_867244198_o

闇とは門構えに音と書く。

22883998_1280633328715197_1334813469_o

闇を走るとは、なにか目指す、通るべき門に
音をたよりにゆくということか?

22851343_1280633228715207_607701660_o

演奏を始める前、闇ではないが音はない。
無音に響く、ハングの音。
ヤマトさんはハング、海賊団の音はどこかパンク。
ご来場いただいた皆様の笑顔。
門を音をたよりに、その音は笑い声がおそらく一番いい。

photo by rally assalam
jpeg

早朝の善光寺。無音の空間。
ラリーアッサラームは渋い空間がたまらなく大好きだ。

IMG_5818

お坊さんが数珠をひとりひとりの頭に乗せてくれた。
僕もこの列に加わった。

IMG_0217

長野の山の山頂。台風のかなたにひろがる雲海。

image12

山を下りてから見上げる長野の雲海と下村誠さん。


IMG_0162

ずっと行きたかった、上田城と真田神社。

image123


命がけで

闇を走った

男の中の男、ここにあり。








QRコード
QRコード
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ