おはようございます。

今日はジャコについて語ります。

JC-120UT


まずジャコとはジャズコーラスというギターアンプのことです。

こやつは全国各地のリハスタジオにあり
ギブソンにマーシャルを使いたがるギターリストが2人バンドにいると
「なんだおまえ、おれのほうがマーシャルだぞ、
 おまえはジャコ(ジャズコーラス)を使えよ!」と
言われちゃう、歪まない、クリーンな音には最適と言われるアンプで
有名ではあるのですが、
実はジャコは素晴らしいアンプなのですよと
その理由も書いてあるブログなども多いので
それもそのとおりだし
そもそもマーシャルとは用途があきらかに違いますし
「ああ、ジャコか。。。」とスタジオに置いてあって思う方もいれば
「ジャコがあるから100人力!」と思う人もいるのです。
僕は僕なりの
個人的な意見をここに書きたいと思います。

よい・よくないとかそういうんではなくて
どういうふうに使ってみたら面白かったか、よかったかを中心に書いてみます。

①ジャコは目の前において楽しむべし

JC-120UT


なんかバンドの中で音が埋もれないようジャコの音量をあげて
ボーカルもドラムも聞こえなくなるぐらいでかくして
「ひとりスタジアム」になり、メンバーみんなが耳いたくして
休憩するときに「あのやぁ、いいだしづらいんだけど、
おめのエフェクタの音でかくねえか?(本当は音量と言いたい)」
「んだな、高音カットしてみっから!ジャコは高音きついからや!」
などの会話があったりします。

ブッブー!

高温削っても音量下げなきゃみんな迷惑だっぺよ!というのが
過去の自分に
言ってやりたいことでござんすね。

ボーカルもドラムも聞こえなくなるぐらいでかくして
「ひとりスタジアム」して、過去にマーシャル使いのギターリストから
「おめえの音量でかくね?」
と言われたことは何回も。いまは当時の半分以下の音に
成長しました。

音が適正なバランスになるということがもしかしたらミュージシャンとしての
成長なのかな?と思うこともあります。

音をだすのは楽しいのですが、まわりも楽しくないと面白くはないのです。

が、目の前にジャコを置いて
一人で一回、まじめに弾いたことあるか?という問いを自分に。

スタジオで個人練をしている方の中には
個人練のあとにバンド入っているから
爆音で個人練!の方もいるかもですが

たとえば落ち込んだ時とかにジャコを台かなにかに乗せて
ゆっくりあまり大きくないクリーンの音で
思ったまんま弾いてみます。

自分弾いた、アンプから音でた、自分弾いた、アンプから音出た、
これはジャズコばかりじゃないですが
会話しているようで面白くなるのですがジャコは
正確に通訳するというか、アンプで余計な味付けはしない
というのがよくわかります。

それからコーラスやビブラートなども気分が乗ったら
回してみると
ジャコって、いいアンプじゃあないか!と
羽の生えたばかりの鳥のように
いつまでも弾いていたくなる気分にさせてくれるアンプです。

もちろんへたれたジャコでこれは無理ですが。

②アコギやキーボードにも。

JC-120UT

これも仕方なく、PAがなくて
「ジャコしかなかったらジャコを使うよ」という方がおりますが
おいらにはとんでもない!と思う話です。
どっちかというとPAかジャコか
どっちですか?あなたの斧は?
と聞かれたら
僕はジャコを使いたくなります。

アコギ(エレアコ)にエフェクターをかます人は最近増えましたが
昔はアコギ(エレアコ)にエフェクターなんかとんでもない!
という人がほとんどでした。
そういう中でオクターバーやトレモロ激しめなどの設定で
アコギ(エレアコ)で一人で自分は演奏したりもしてきましたが
ジャコがあるとよいライブは出来たのですが
アコギ(エレアコ)で真空管、しかも間にエフェクターなどをすると
ひどければアンプを痛めるか、
バビバビバビバビ何の音??というような
リハで青ざめるような奇怪な世界におちいることが山ほどあり
ジャズコは、当たりハズレは少ない
安心感のあるアンプに間違いはありませんでした。

また、キーボードもアコギ(エレアコ)も
個人的にはPAにつなぐと音が
とても遠く感じるのですがジャコなどで近くで
アンプからモニターがあると
普段に近い、「弾いてるぞ」という感じがあるし
「立体感があるなあ」となるので
ジャコについては
リハやライブではマイアンプを使っていても
トラブル時にあると助かる、
欠かせないよなあと思ったりもします。

③病院でのジャコはやんだなあ。

JC-120UT


ここまで書いて、ギターをやっていない人は
もはや読んでないかと思うので
そこを裏切って、ギターアンプのジャコではない
お話を書きます。
昔おばあちゃんの御見舞に病院にいったときに
おばあちゃんのとなりに寝ていた全身包帯だらけの人から
「あんた、体でっかいね?いくつ?」
と聞かれ、やたら肩をなでられてゾワっとしたことがあります。
おばあちゃんは
「おとなりの方、やけどして大変だったみたいなのね。
 お話し相手いなくて、よかったらあんた話していきなさい」
と指令をいただき全身包帯だらけの人と
会話をしようと挨拶をしたら
その方から「あんた、カルシウムとったほうがいいから
これ食べなさい」と
ちりめんじゃこ
を急に手渡されたのですが、

言葉にするの難しいのですが
全身包帯だらけなのに
手のひらのみは生で
見知らぬ人の生でつかんだ
ちりめんじゃこが
自分のてのひらに置かれ
包帯の人とおばあちゃんから
「ほら、食べなさい」と言われ

涙目で天井を眺めてもおいらの気持ちは伝わらず
目でゴミ箱を追っても
包帯の人とおばあちゃんはニコニコ微笑んでおいらを見ていて

30秒ほど冷や汗をかいたあと
目をつぶってごくっと

ちりめんじゃこを噛まないで飲んだら

「あら、じゃこ好きなんじゃない?もっと食べなさい」
と、さらに手のひら山盛りのじゃこのおかわりを
また生の手で手渡され、
おかわりし放題状態。


最大限の反発として

「あの、包帯の上に
 ちりめんじゃこがいますよ」と僕は勇気をだして言った。

おばあちゃんはすかさず
「あら、話が合うじゃない、あなたたち!!」と
言ったけれど
ちりめんじゃこをおいらが不機嫌に食う、
包帯の方は、
おかわりを生の手でくださる、
最後は
常温の牛乳をおいらに差し出し
「若いんだし、ほらもっと
 もっとカルシウムとりなさい」
と言った。

あの拷問のような時間。じゃこも牛乳も断れなかった。

おばあちゃん退院後に
「知らなかったよ、あなたそんなにカルシウム好きだったとは」
と言って、ファミレスで
コーヒーに入れるミルク(クリープ)を水に入れてかきまぜ
おいらに
「はい、牛乳だよ」とくれた。

そのオリジナル感あふれる牛乳も断れなかった。

それから

ちりめんじゃこ、コーヒーに入れるミルク(クリープ)は
トラウマになり、まったく食べられなくなってしまった。

今日はジャコについて
なんでこんなに熱く書いたのかわからないが


BlogPaint

次回のライブで
おいらはジャコを使う。

おあとがよろしいようで!


          ラリーアッサラーム

次回
仙台ライブハウスennでの
ライブの先行予約
もうすぐ締め切りとなります!
お申込み・詳細は下記より。

https://rallyspider.jimdo.com/

KEEP ON SOFT ROCK(笑)!!