ヤマザキヤマトさんと来週ライブをする。

ライブをするにあたり、ヤマトさんとの思い出話を
ほんのすこし。

ヤマトさんと出会ったのは2000年に入った
初めの頃。当然のことながら、当時はお互い若かった。

ツアーでいらしていたヤマトさんの楽屋にて
猫の話かなにかで楽しく語らい、次会うときは是非
ライブご一緒しましょう、なんてお話をしていた。

春風のように、さわやかでやわらかい人だなあという
印象を受けた。

ヤマトさんは全国規模で活動する人気の高いミュージシャンで
さきほど「ライブご一緒しましょう、なんてお話をしていた」
と書いたけれど、僕からすると背伸びに背伸びしての発言
だったかもしれない。その当時はまだ、
心の兄貴でもある下村誠さんから生きた
シンガーソングライター道を学ぶ前でもあったし、
当時の自分の写真、ヤマトさんの写真を見たりすると
あきらかに歴然とした差がある。

ヤマトさんは衣装、叩き語る勇姿、その見た目からも
音楽を聴きたい!と感じさせるが
僕はどっか電車男みたいな浪人生風の雰囲気である。

でも、そんな電車男の「いつかご一緒しましょう」の背伸びに
彼はこころよく答えてくれた。




現在、西暦2017年。
その間ほぼ毎年、ヤマザキヤマトさんとライブを
ご一緒する機会があったような気がする。

ヤマトさんの
17年の間の変遷をそのたびに味わうことができたし
自分も自分の中にある激流のようなうねりの中、
ヤマトさんに勇気や元気をたくさんいただいてきた。

通り過ぎれば通りゆくまま
もう会わなくなるツアーミュージシャンの方はたくさんいる。
そんな中ずっと
「お互いに音楽の表現はなんでもありでいいじゃないか」
というような、それでいて次に会うときはどんな音楽を
しているんだろう?と楽しみにさせてくれる
ミュージシャンはなかなかいない。




人は一度目にしたもの、耳にしたもの、口にしたものを
記憶して、なかなか頭から離れないという能力がある。

音は息を吸って、吐くときにでる息が音になるのか?
彼の音楽を生で聴くと、純粋にそう思えてしまう。
それは残念ながら、動画や音源からで体感することは難しい。

電車男であった自分も
最近は心から一緒に演奏していて楽しいと思える
音楽仲間たちに出逢い、時にはソロ、時にはユニット、
時にはバンドという感じで、
バンドとしてはいまメインと位置付けている
ラリーアッサラーム海賊団で今回はヤマトさんとのライブを
楽しみたいと思っている。

また、このライブはプチライブツアーを終えた
ラリーアッサラーム海賊団の集大成のライブになるのではないかと
考えている。

Bcuzmq-d7D5i4MvLqGIkKw

ラリーアッサラーム海賊団 
メンバー ギターボーカル:ラリーアッサラーム
ギター:前田”兄貴”直樹
キーボード:瀬川”クレイズ”将広
ベース:地紙”ジガマン”聡
ドラムス:八巻”オジキ”渉)
           


22281837_999187823546725_6340776341555231748_n

前売りのご予約は5日後の
10月25日(水)20:00まで

kaizokudan@yahoo.ne.jp


・代表者様のお名前、ご住所
・代表者様のお電話番号
・ライブ公演の日にち
・ご予約人数(ご予約者を含む合計人数)
・パソコンから連絡のとれるメールアドレス※
・今回のイベントを何で知りましたか?(お時間のない方は回答不要)


★ライブ情報★            

2017年10月26日(木)20:00開場 20:30開演 

ラリーアッサラーム海賊団「海賊パーティ」Vol.5

前売2000円(1DRINK込)当日2500円(1DRINK込)    

中学生・高校生  1000円(1DRINK込)小学生以下無料

                   

出演:ラリーアッサラーム海賊団

ゲスト:ヤマザキヤマト            


                   


BlogPaint

           

                            

会場 ルシール 
仙台市青葉区国分町3-4-20 清和ビルB1F 

【道案内】 仙台の定禅寺通りというところにカフェベローチェがあります。ベローチェから国分町通りを萬寿山とか青葉神社の方面へ歩きます。国分町通りの飲み屋街と反対方向にです。すこし歩くと左手に「お部屋探しはmini mini」という看板のお店があります。左折します。この左折が非常に重要です。そのまんま歩いていくと道の途中のビルの左手に突然「lucille(ルシール)」の看板があります。ルシールは地下1階です。

info

https://rallyspider.jimdo.com/